いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

昭和の日の由来とは?なぜみどりの日から変わった?

   

カレンダー

元々、天皇陛下の誕生日は天皇誕生日として祝日とされます。

現在の平成天皇の誕生日は12月23日なので、毎年その日は祝日と言う事になっています。

では平成の前、昭和天皇の場合はいつが天皇誕生日だったのでしょうか。

それが実は4月29日です。

スポンサーリンク

 

 

名前の由来とは?

ただ、昭和天皇自体は昭和64年1月に崩御され、そこから平成が始まりました。

では、平成の世になってからの昭和天皇の誕生日は何の日になったのでしょうか。

それがみどりの日です。

 

ここで一つ不思議に思う人が出てくるのが、現在のみどりの日は5月4日で、4月29日ではないと言う事です。

ではいつ4月29日はみどりの日から昭和の日になったのでしょうか、その名前の由来とは一体何でしょうか。

みどり

現在、昭和の日と呼ばれる日は国民の祝日の一つとして有名で、4月29日を指します。

ただ実は2006年まではその日はみどりの日と呼ばれていました。

ではどうして変わってしまったのでしょうか。

それが平成17年、2005年の国会で改正された祝日法が関係しています。

実はその年、祝日法(国民の祝日に関する法律)は国民の要望を受けて改正される事になりました。

 

みどりの日の名前の由来は?

4月29日がみどりの日とされたのは、平成元年以降の事となっています。

ただそれまでは天皇誕生日としていた日なので、まず法律で天皇誕生日に関係する項目を改正する必要が出てきたのです。

勿論、4月29日を祝日のままにする事無く平日に戻す事も可能でした。

ただ実際に平日に戻してしまうと、ゴールデンウィークにも影響を及ぼしてしまう可能性が十分あります。

ではそのまま昭和天皇の誕生日は祝日として残しておきましょう、という話になり、緑と自然を愛していた昭和天皇にちなんでみどりの日という名前にする事にしました。

これが平成元年の事です。

 

ただみどりの日が制定されてからも、実はその名前ではなく別の名前にする方が良いのではないかと言う意見が出されていました。

勿論政府自体は最初は名称変更をする必要はないと言うスタンスだったのですが、やはり変更する方が良いのではないかと議論する様になったのです。

そして2007年からはこの日は昭和の日、と言う事になりました。

スポンサーリンク

 

ではなぜ昭和の日なのでしょうか?

昭和と言う時代はとても変化が大きく、激動の日々だったと言っても過言ではありません。

日本は第2次世界大戦で敗れましたがそこから復興していき、高度経済成長を経て現在の形になっています。

そんな昭和の時代を顧みて、さらに日本と言う国の将来に思いを致す、という意味から昭和の日と命名されました。

ただ今度はみどりの日という言葉が宙ぶらりんの状態になってしまいます。

そこで注目されたのが5月4日でした。

元々5月4日は祝日では無かったのですが、5月3日の憲法記念日と5月5日の子どもの日の間の平日で飛び石連休になるのを避け、1988年からこの日を国民の祝日としました。

そして2007年からはその日がみどりの日と呼ばれる様になり、現在に至っています。

スポンサーリンク