いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

運動会のユニークな種目一覧

      2016/04/29

運動会

暑さ寒さが和らぎ過ごしやすい季節になると、近所の小学校から運動会の練習をしているらしい声が聞こえてきます。

私たちが子どもの頃は運動会というと10月10日の体育の日だったのですが、最近では春に開催するところも増えてきているようですね。

 

運動会で盛り上がる競技といえば騎馬戦やリレーなんかが定番ですよね。

リレーの選手に選ばれたら、それはもう鼻高々でした。

しかし最近の運動会は以前と少し違って、ユニークな競技が注目を集めているみたいです。

いったいどのような競技があるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

■デカパンリレー

大きなズボンの中に2人で入って走るこの競技、一緒に走る2人の息がぴったり合わないと、ズボンがずれてしまって速く走ることのできない、なかなか難しい競技ですが、見た目のインパクトもあって小学校低学年に大人気です。

■借り人競争

リレーの途中に置かれた紙に書かれたモノを探し出してゴールする借り物競争は昔からある定番競技ですが、借り人競争はそれがさらに進化したものです。

紙に書かれた指示は「イケメンな人」「おしゃれな人」など特徴のある人を探し出すこと。

生徒だけでなく、観ている人もドキドキしながら全員で楽しむことの出来る人気競技です。

運動会

■四方綱引き

普通の綱引きは、綱を2方向から引っ張り合って自分のチームの方に綱を引き寄せたほうが勝ちですよね。

この四方綱引きは、2本の綱を結び合わせて4方向から綱を引き合います。

ただ力いっぱい引っ張っただけでは思わぬ方向に綱が引かれて勝つことができません。

テクニックや頭脳も必要になる、小学校高学年向きのちょっと高度な競技です。

■逆走リレー

逆走リレーはその名の通り、後ろ向きに走って速さを競う競技です。

運動会というと、どうしてもあまり運動が得意ではない子どもにとってはあまり楽しめない、むしろ少し憂鬱になってしまうイベントかもしれません。

しかしこの逆走リレーは本来の運動神経はあまり関係がありません。

足の遅い子でも、テクニック次第で一等を取れる可能性があります。

スポンサーリンク

 

■移動玉入れ

止まったカゴに玉を入れるだけじゃつまらない!移動玉入れは、カゴを人が背負って動き回り、そのカゴめがけて玉を投げ入れる玉入れの進化版です。

カゴを大人が背負えばより難易度もアップ。

移動玉入れ

カゴを背負う大人も、玉が入ってくるにつれてカゴがどんどん重くなる上に、常に子どもたちから玉を投げつけられるのでなかなか大変です。

大人も子どもも一緒になって楽しめる競技です。

 ■ダンボールキャタピラレース

ダンボールをキャタピラのように開いて丸め、その中に入ってハイハイをするようにキャタピラを回して進む競技です。

前もよく見えないし、キャタピラは右に左に曲がってなかなか真っ直ぐ走ることが出来ません。

意外と難しくて白熱してしまう競技ですよ。

スポンサーリンク