いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

2016年お盆の高速道路・新幹線での帰省ラッシュ予想

      2016/04/26

お盆の時刻表

お盆になると帰省する方も少なくないでしょう。

だからこそ、『少しでも混雑や渋滞を避けたい!』という方は多いはず。そこで2016年お盆の、帰省ラッシュ予想をしてみましょう。

帰省ラッシュやUターンのピークを知って高速道路と新幹線の混雑・渋滞を避けましょう。

スポンサーリンク

 

2016年のお盆休みは?

2016年は、2015年に比べると大型連休は少ないといわれています。

そのため、2016年から設けられた『山の日』も8月11日になり、1日飛んでお盆休みがスタートします。

GWも分散型ですし、シルバーウィークもありませんから『今年は休みが少ない』と嘆いている方も少なくないのではないでしょうか?

2016年のお盆休みは、8月13日~16日の4日間になります。

一般的に8月13日は迎え火となり、16日が送り火になるからです。

これはほぼ毎年変わらないといっても良いでしょう。

しかし2016年は山の日が加わりましたから、お盆の2日前も休みになります。

企業によっては翌日12日も休みになる可能性はあり、長い方は8月11日~16日までがお盆休みになります。

それを考えて帰省ラッシュ予想をするとスケジュールを立てやすいかもしれません。

46f30d4b3eaa25841da133785eebb003_s

帰省ラッシュ予想は?

帰省ラッシュは、例年より緩和される可能性があります。

というのも、先にも述べたとおり連休が分散するからです。

8月6日から盆休みの会社、11日からの会社とでは帰省時期も異なります。

よって、帰省ラッシュ予想は『緩和される』となります。

一方でUターンラッシュですが、早くに帰省した場合、14日にUターンされる方もいます。

そのため、Uターンラッシュも14日~16日と分散することになります。

それでも連休が長い会社もありますから、混雑しないというわけではありません。

車で帰省される方、公共交通機関で帰省される方、それぞれの混雑・渋滞状況を知っておくと安心でしょう。

スポンサーリンク

 

○高速道路の場合

帰省ラッシュのピークは、やはり8月6日と11日になります。

6日は7時頃がピークになりますので、その時間帯を避けて出発すると渋滞に巻き込まれにくくなります。

11日の場合も7時頃がピークになりますので、早朝6時やそれより前の時間帯に出発すると安心です。

深夜に出発する場合は、3時頃までに家を出たほうが混雑を避けられるといわれています。

お盆の高速道路渋滞

先ほどは下りのピークでしたが、上りのピークはいつ頃になるでしょうか?

ズバリ、8月14日・15日の17時頃です。

夕方はもっとも混雑する時間帯です。

避けるためには、午前中に出発するなど時間帯をズラしましょう。

○新幹線の場合

新幹線の場合は、8月6日・11日の午前中が下りの混雑ピークになります。

遅い便で出発すると混雑を避けることができます。

上りも、8月15日・16日の午前中がピークになります。

 

帰省ラッシュやUターンラッシュのピークを知って、賢く帰省しましょう。

スポンサーリンク