いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

お中元の時期はいつから?お礼状の文例とお返しマナー、お中元の意味について

      2016/04/25

お中元

日頃お世話になっている方に贈るお中元。

近年はお中元を贈る家庭が減っているといいますが、それでも感謝の気持ちを込めてお中元を贈るのは日本のマナーのひとつです。

 

お中元は夏の挨拶といわれており、一般的にお世話になった方々に贈るものですが、大好きな人に親愛の意味を込めて贈るものでもあるといわれています。

そのため、近年はお中元といっても意味合いが変わってきています。

お中元の時期や意味を知って、賢く贈りましょう。

スポンサーリンク

 

お中元の意味や由来を知ろう

まず、お中元の意味についてです。

お中元という言葉は知っているけれど、意味や由来までは分からないという方も少なくないといいます。

お中元の『中元』とは、道教に由来する年中行事のことをいい、三元のひとつになります。

三元とは、上元(旧暦の1月15日)・中元(旧暦の7月15日)・下元(旧暦の10月15日)を指します。

中元は旧暦の7月15日になり、道教では『盂蘭盆会(うらぼんえ)』をする日になります。

この盂蘭盆会とは、祖先の霊を供養する日を意味します。

お供え物

 

よって、お中元とはお盆の行事として日本では昔から言い伝えられているというわけです。

しかし現在では新暦に贈るのが基本となっています。

新暦は7月初旬から7月15日までです。よって、現在お中元を贈るのはこの時期が正しいということになります。

ちなみに東日本と西日本ではお中元を贈る日が異なります。

東日本では7月1日~7月15日までに贈るのに対し、

西日本では8月1日~8月15日までに贈ります。

これは、中元とお盆が一体化していることが関係しています。

よって、東日本では新暦でお盆を迎えるためこの時期にお中元を、

西日本では旧暦にお盆を迎えるため8月1日からお中元を贈るというわけです。

スポンサーリンク

 

お礼状の文例とお返しマナーも知っておこう

お礼状のポイントは、『なるべく早めにお礼状を出す』ことです。

親しい間柄であれば、電話でひとこと伝えるのでも良いでしょう。

お礼状の文例のポイントは、

『お礼の気持ち』

『家族皆で喜んでいる』

『今後のお付き合いを願う言葉』

『相手の健康を気遣う言葉』です。

お礼状

お中元のお返しは不要とされていますが、お付き合いの程度によってお返しの有無を考えると良いでしょう。

このときのマナーは、先にも述べたとおり品物が届いてから3日以内に出しましょう。

金額の相場ですが、いただいたお中元と同等のもの、もしくは半額程度のものを贈るようにしてください。

お返しをしなくても、やはりひとこと電話でお礼を伝えることもマナーのひとつになります。

特に上司や目上の方からお中元が届いた場合は、お返しをしたほうが安心です。

 

万が一お中元の時期を過ぎてしまった場合は、のしの表書きを変えましょう。また相手方に不幸があった場合は、先方が落ち着くのを待って少し時期をズラすのが基本です。

スポンサーリンク