いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

バターコーヒーで簡単ダイエット、効果と作り方

      2016/04/20

バターコーヒー

日々新たなダイエット方法が誕生していますが、最近海外セレブの間で話題になっているのがバターコーヒーダイエットです。

日本ではまだあまり知られていないこのダイエット方法、一足先にどんなものなのか調べてみました。

スポンサーリンク

 

バターコーヒーダイエットって何?

バターコーヒーダイエットはその名の通り、バターを溶かしたコーヒーを飲むことによるダイエット方法です。

コーヒーを飲む習慣のある人にとっては、いつものコーヒーにバターを入れるだけなのでとても簡単に実践することが出来ます。

バターを溶かすことでコーヒーにコクがプラスされ、味も言うことなしです。

 

アメリカの健康ブランド「bulletproof」のデイブ・アスプレイ氏が考案した飲み物で、デイブ氏自らがこのバターコーヒーダイエットを実践することでなんと36kgもの減量に成功したといわれています。

スポンサーリンク

 

バターコーヒーの作り方は?

バターコーヒーは、コップ1杯のフレンチブレス、またはドリップで淹れたコーヒーに大匙1、2杯のバターを溶かすだけです。

お好みでココナッツオイルを入れても美味しくいただけます。

あとはミキサーなどで30秒ほど混ぜれば出来上がりです。

ココナッツオイル

ただしここで使うバターは普通のバターではなく、牧草だけで育てられた牛のお乳から作られたグラスフェッドバターを使用する必要があります。

これはバターに含まれる塩分がわずか3%と、一般的なバターに比べるとはるかに少ないのが特徴です。

このグラスフェッドバターに含まれている不飽和脂肪酸は、身体に余分な脂肪がつくことがなく、むしろ体脂肪を増やさない脂肪酸として注目されており、これを効果的に摂取することでダイエット効果が期待できるのです。

また、グラスフェッドバターはオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸がバランスよく含まれており、1日に必要な脂肪分をこのバター一つで補うことが出来るのです。

グラスフェッドバター

しかし残念ながら日本ではまだこのグラスフェッドバターがなかなか手に入りません。

岩手県の「なかほら牧場」で購入できるのですが、生産量が少ないため安定した購入が難しくなっています。

また、コーヒーも普通のコーヒーではなく、農薬や化学肥料を一切使用せずに育てたオーガニックコーヒーを使用する必要があります。

通常のコーヒーよりもやや高めですが、こちらはグラスフェッドバターに比べると比較的入手しやすくなっています。

バターコーヒーダイエットのやり方は?

バターコーヒーには脳を活性化させ、身体に適度なエネルギーを供給する効果があるので、1日の初めに飲むのがおすすめです。

一般的なコーヒーと比べるとカロリーが300kcalほど高いため、何杯も飲むのは控えたほうがいいでしょう。

朝食代わりに1日1杯だけ飲むのが効果的です。

スポンサーリンク