いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

住宅をリフォームするときの注意点

      2016/04/18

リホーム

住宅のリフォームは、新築とは違い、もともとある住宅の上から工事をするので、どうしてもさまざまな制約が出てきてしまいます。

そのため、リフォームをする際は細かいところまでしっかり計画をを立て、設計者やリフォーム業者とのコミュニケーションが必要になります。

せっかくリフォームをして失敗しないためにも、はじめる前にいくつかの注意点を知っておきましょう。

スポンサーリンク

 

最新の設備機器の採用は注意が必要

リフォームする際の注意でもっとも多いのが『最新の設備機器の採用』です。

中古住宅の場合、お風呂やトイレが旧型の場合がほとんど。

そのため、最新の設備機器をつけるときにネックになる場合があるといいます。

そのなかでも多いのが『水圧不足』『天井裏の高さが不足している』などです。

前者は、不足していることで希望したトイレが付けられないというものです。

後者は、照明器具やエアコンなどの埋め込みができなくなってしまいます。

他にも、柱や壁、近隣へのあいさつなども注意したい点のひとつでしょう。

リホーム

リフォーム前に御近所に挨拶を

契約が完了すると、工事がスタートします。

しばらくの間工事でうるさくなりますから、近隣にきちんとあいさつしましょう。

工事がはじまる前にあいさつ回りをしてもOKです。

その際は菓子折りを持って行くと、リフォームの後も良好な関係を続けることができます。

どんなに苦手な住民でも、あいさつを無視すると関係が悪化し住みにくくなる可能性がありますので、必ずあいさつ回りは忘れないようにしてください。

スポンサーリンク

 

工事前と工事後

リフォーム業界は、クレーム産業といわれています。

そのため、トラブルは少なくありません。

ですから、トラブルにならないように、しっかり打ち合わせをして不足のないようにしましょう。

工事後に発覚するケースも少なくありませんから、よく起こるトラブルの実例などもチェックしておくと安心です。

契約書

打ち合わせの時は、自分のイメージと作り手側のイメージが一致することが大事。

きちんとすり合わせることで工事後のトラブルを避けることができるでしょう。

ただ口を出しすぎても上手くいかない場合がありますので、プロの意見にも耳を傾けるようにしてください。

お互いの意見にしっかり耳を傾け、コミュニケーションができることが大切です。

もちろん工事前・工事後だけでなく、工事中にも注意点があります。

それが、先にも述べた近隣への気遣いです。

生活をしながら工事をしてもらう場合は、自分たちもストレスになる可能性があります。

どの程度工事をするのか事前に確認することで、それらを防ぐことができるでしょう。

 

業者間ときちんとコミュニケーションが取れていれば、大きなトラブルは防ぐことができます。

良い家に仕上げてもらうためにも、注意点を知って安心・安全にリフォームをしてもらいましょう。

スポンサーリンク