いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

クレジットカードの使用でブラックリストの載るケース

      2016/04/16

クレジットカード

消費者金融で借金をしていなければ、ブラックリストに載らないなんて思っていませんか?

実は消費者金融を利用していなくても、ブラックリストに載る例はたくさんあるといわれています。

そのなかでもっとも多いのが『クレジットカード』です。

近年、クレジットカードの所持率が上がっており、このクレジットカードでブラックリストに載ってしまったというケースは少なくないのです。

 

もちろん、クレジットカードを所持しているからといって、必ずしもブラックリストに載るというわけではありません。

正しい使い方をしていれば、決してブラックリストに載ることはないでしょう。

スポンサーリンク

 

何が原因でクレジットカードからブラックリスト入りに?

・1つ目は、支払いを長期延滞していること・延滞を繰り返していること

消費者金融から借金をした場合でも同様ですが、この2つはブラックリストに載る確率が高くなるといわれています。

信用情報機関では、61日以上の延滞で掲載されると記載されています。

ですから、それ以上の延滞をしている場合や、延滞を繰り返していると、たとえクレジットカードでもブラックリストに載ってしまいます。

カード会社によって異なるため、なかには2~3か月の延滞でブラックリストに載るというところもあります。

消費者金融での借金も、延滞が続くとブラックリストに載りますが、クレジットカードでも同じということを忘れないでください。

財布にお金がない女性

・2つ目は、キャッシングを利用しているのに、返済していない場合

近年、クレジットカードにはキャッシング枠というものが付いています。

これがとても厄介で、どうしても安易に借金しやすくなっています。

当然ですが、借りたお金を返済しないのはブラックリストに載っても仕方がありません。

クレジットカードとキャッシングを併用して使っている場合は、必ず返済しましょう。

キャッシング枠は不要という方は、使用を停止してください。

・3つ目は、クレジットカード会社から強制解約された場合です

延滞を繰り返している、キャッシングで返済を遅延しているという方は、当然強制解約されますし、ブラックリストにも掲載されてしまいます。

スポンサーリンク

 

ブラックリストに載ってしまうと、さまざまなことに支障が

たとえば、

『住宅ローンが組めなくなる』

『車のローンが組めなくなる』

『新規のクレジットカードの審査に落ちる』などです。

住宅ローン今後ローンを組みたいと考えている方は、特に延滞や遅延は注意が必要です。

また、一度ブラックリストに載ってしまうと約5年は掲載された状態になります。

クレジットカードはとても便利なアイテムですが、使い方を間違えるとブラックリストに載ってしまうので十分気をつけましょう。

スポンサーリンク