いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

初心者がベランダでガーデニングする時のポイントと注意点

      2016/04/05

ベランダでガーデニング

ガーデニングを楽しみたいけれど、広い庭がないからできないという人がいますが、狭いところでも十分ガーデニングは楽しめます。

初心者におすすめなのがベランダでのガーデニングです。

コツをつかむととても楽しいものになりそうです。

スポンサーリンク

 

ベランダでガーデニングができるかをチェック

ベランダでガーデニングをする時には、まずベランダの環境や条件をチェックすることが大切です。

特にマンションや団地の場合、ベランダは共有部分となりますので管理規約を確認し、マナーや安全性に配慮しましょう。

チェックポイントですが、手すりの内側に何かを置こうと考えているなら、それが落下しないように気をつけます。

全面がコンクリート状の壁面だと、風通しや日当たりに工夫が必要な場合があります。

また、夏と冬とでは太陽の当たる角度が違うので、植物への光の当たり方を臨機応変に対応できるかも考えます。

エアコンの室外機が置いてあるなら、その前や周辺は風が当たったり乾燥したりするので、植物が置けないと考えてください。

また、避難経路として確保されているハッチ部分をふさいだりしないように注意します。

ベランダ

鉢を選ぶときの注意点

ベランダでガーデニングをするのに鉢を揃えますが、こだわらなければどんなものでも底に穴を開けて使えます。

しかし、ベランダは限られたスペースですから、あまり色んな種類の鉢を置くとバラバラに見えるので、数種類にまとめた方が良いでしょう。

素焼きの鉢などが植物には良いのですが、重いのが難点なので、あまり高層階では使えないでしょう。

プラスチックや樹脂の鉢が軽くてデザインもたくさんあって安いので使いやすいですが、少々安っぽく見えてしまいます。

ウッドボックスなどを置いているのをよく見かけます。

ナチュラル感があって良いなと思いますが、あまり耐久性が無いのが難点です。

スポンサーリンク

 

土や肥料はどんなものを使う?

鉢も決まったらどんな植物を植えていくかを考えるのですが、土選びもとても重要です。

本来はいくつかの土をブレンドして作ると良いのですが、初心者の場合はよくわからないし面倒でもあります。

そんな時は草花用培養土を購入して使うと良いでしょう。

また、ベランダでのガーデニングでは肥料は必要です。

お店で肥料と活力剤が売られていますが、その違いは肥料が食事、活力剤はおやつと考えるとわかりやすいそうです。

肥料

どんな植物を植えたら良い?

ガーデニングをするなら、長期間楽しめる方が良いですから、植物のサイクルを理解して植えるものを選ぶようにしましょう。

おすすめなのが1年中緑をつける常緑樹、環境が良ければ何年でもできる多年草、1年草や2年草などを植えておくと1年中ガーデニングが楽しめます。

ベランダでガーデニングを楽しむためのポイントと注意点を押さえておけば、いつも自然に触れ合えて癒されることでしょう。

スポンサーリンク