いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

産科、婦人科と産婦人科の違いは?

      2016/03/31

妊婦

病院の看板に、産科、婦人科や産婦人科と記載してあるところがあります。

産科と婦人科、産婦人科とはどう違うのでしょうか。

女性の専門の病院だということはわかりますが、それぞれできること、できないことがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

 

産科、婦人科とは?

産科というのは、女性の妊娠から出産までを扱う医療機関のことを言います。

婦人科系の病気の治療というよりも、妊娠、出産を主に扱っているところと言えるでしょう。

婦人科というのは、子宮や卵巣、卵管、膣などの病気や生理不順、更年期障害、更年期の治療などに対応する医療機関です。

婦人科で出産はできません。婦人科で診察してもらったら妊娠していたということはありますが、出産は別の病院ですることになります。

女性

産婦人科とは?

産婦人科は、産科と婦人科を合わせた範囲を対応する医療機関です。

妊娠、出産はもちろん、婦人科系の病気の診断、治療も行うところです。

しかし最近では、産婦人科と掲げていても、出産を取り扱わない病院も増えています。

医師の人手不足などが原因です。

もし妊娠、出産、婦人科検診など全てを行ってもらいたいなら、行く前にその病院にすべて対応しているかを確認する方が良いでしょう。

昔は多くの出産を扱っていた産婦人科が、最近になって出産だけは別の病院でするようなシステムになったところをいくつか知っています。

自分の生活圏内に、産科まで行う病院を見つけておくようにしたいものです。

自分はまだ結婚もしていないので妊娠、出産はまだ先ですが、妊娠から出産までは同じ病院でしたいなと思います。

そのためにも、事前にしっかり調べておかないといけないなと考えています。

スポンサーリンク

 

妊娠かどうか診断してもらうのはどこ?

最近は妊娠かなと思ったら自分で妊娠検査薬を使って調べられるようになったので病院に行く前に妊娠がわかるようになりました。

しかし、確定診断は病院に行かないとわかりません。

そんな時は婦人科ではなく産科か産婦人科に行くようにします。

かかりつけの婦人科があるのでまずはそこへ行く人もいるでしょうが、妊娠の判定はできますが妊婦検診や出産はできないので別の病院へ行かなければなりません。

妊娠したかも、というなら最初から産科か産婦人科に行きましょう。

病院

医師はどうなの?同じなの?

産科、婦人科、産婦人科にいる医師は、何か違いがあるのでしょうか。

基本的に産婦人科医として免許を取得しているかと思います。

しかし最近では専門性が高まっており、すべての医師が同じ知識を持っているとは限らないのです。

産科の医師が婦人科も兼ねているところもありますし、産科と婦人科の医師は別に置いているところもあります。

出産が可能であるか、診療内容は何かは病院に問い合わせるかホームページなどで確認しましょう。

スポンサーリンク