いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

リウマチってどんな病気?治るのでしょうか?

      2016/03/25

リウマチの男性

関節リウマチという病気をよく耳にします。

とにかく関節が痛いといわれていますが、原因や初期症状はどんなものなのか、どんな治療法があるのかなどを知っておくといざという時に役立ちます。

初期症状はあるの?

関節リウマチは、だいたい朝に症状が出やすくて昼間や夜には落ち着くものと言われています。

朝起きた時に手がこわばる、手の指が動かしにくい、違和感があるなどの症状が毎日続いたらもしかしてリウマチかもしれません。

昼間になると治まるので、あまり気にしない人がほとんどかもしれませんが、少しでも動かしにくいなと感じたら病院に行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

 

そもそも原因は何?

関節リウマチは関節に痛みと腫れを起こします。

スポーツをやりすぎたとか、使い過ぎたためになるわけではなく、自分の免疫機能に狂いが生じ、自分自身の組織を攻撃してしまうために起こると考えられています。

その他には、細菌やウイルス感染によるもの、代謝異常によるもの、加齢などで軟骨が変形するために起こるものがあります。

ウイルス

リウマチかな?と思ったら

関節リウマチの場合、発症するのは30歳くらいから50歳くらいが多いです。

しかし、60歳を過ぎてから発症する人もいますので50歳を過ぎたから大丈夫というわけではないようです。

そして男性よりも女性の方が多いと言われています。

リウマチの初期症状のいくつかが当てはまるのなら、早めにリウマチ専門医を受診するようにしましょう。

リウマチは、発症して比較的すぐに関節破壊が始まります。

早めに発見すれば関節が破壊されるまでに治療に取り掛かれるので進行を遅らせることができます。

X線検査や血液検査でリウマチは診断されます。

スポンサーリンク

 

治療方法は?

リウマチと診断されたら治療に入りますが、基本的な治療は薬物療法となります。

抗リウマチ薬や抗炎症剤を続け、3か月ごとに薬の効果を見直します。

効果があれば継続し、もしあまり効果が無ければ薬の増量などが検討されます。

その後、生物学的製剤へ移行し、3か月から半年で効果を判定します。

その他には、関節が動くように改善させて、日常生活が送れるようにリハビリを行うことがあります。

リハビリには運動療法や温熱療法があり、継続して行うことで関節が機能するようになり、痛みも和らぎます。

薬物療法やリハビリで良い効果がみられない場合は、手術が検討されます。

手術の適用時期については、主治医とよく相談してから決めるようにしましょう。

くすり

完治はするの?

リウマチが完治するのは難しいと考えられていますが、今は良い薬がありますので早く治療を始めればそれなりの効果は望めます。

まだ自分はリウマチになる年齢ではないですが、もし何かおかしいなと思ったら病院に行くようにしたいです。

スポンサーリンク