いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

山梨・南部町うつぶな公園のあじさいが魅力的!見ごろやアクセス方法は?

      2016/03/22

うつぶな公園のあじさい

写真提供:やまなし観光推進機構

6月になるとあじさいの名所ではさまざまなあじさいを鑑賞できます。

そのなかでもオススメの場所が山梨・南部町うつぶな公園のあじさいです。

毎年6月になると、鮮やかなあじさいが満開になります。

あじさいは高低の差がある場所で咲くため、うつぶな公園はあじさいにとってベストな場所になるのでしょう。

色とりどりのあじさいは、一度見ると強く印象に残ること間違いありません。

また、うつぶな公園のあじさいは60品種・2万株。たくさんのあじさいが咲き誇りますから、6月になったらぜひ山梨のうつぶな公園へ行ってみてください。

スポンサーリンク

 

いつ頃が見頃なの?

気になるのがあじさいの見ごろです。

一般的に、あじさいは6月中旬頃からが開花時期になるといわれています。

場所によってどれだけの期間咲いているかは異なりますが、うつぶな公園では6月中旬頃から下旬までが毎年見ごろになります。

品種によってじゃ7月に入っても見ることができますので、約1か月くらいはあじさいを鑑賞することができるでしょう。

またあじさいが見ごろになると、『南部あじさいまつり』も開催されます。

お祭りでは、模擬店も数店出店しますから、食べながらゆっくりあじさいを鑑賞することができます。

大規模なステージでのイベントはありませんが、出店しているお店では巻き寿司や団子、お茶などをいただくことができます。

うつぶな公園のあじさい

写真提供:やまなし観光推進機構

ゆっくり回りたい方はうつぶな公園がオススメ

山梨県では、うつぶな公園をはじめさまざまなあじさいの名所があります。

そのため、うつぶな公園からあじさい名所を巡ることもできます。

そのなかでうつぶな公園はゆっくりあじさいを見るのに最適な場所です。

もっとも大きなあじさい名所は河口湖の天上山公園ですが、こちらはハイキングコースになっているので、やはりゆっくりお散歩感覚で回りたい方はうつぶな公園がオススメでしょう。

少し北上すると、妙法寺のあじさいも見ることができます。

お寺とあじさい、定番の風景もぜひ見てみてください。

スポンサーリンク

 

うつぶな公園へのアクセスは

アクセスは、公共交通機関がオススメです。

電車で行かれる場合、JR身延線内駅から歩いて15分程になります。

普段は車でアクセスすることもできますが、あじさいまつりが開催されている期間はどうしても混雑するため、公共交通機関を利用したほうがスムーズにアクセスしやすいでしょう。

シャトルバスが用意されているので便利です。

あじさいまつりが開催されるまでは、完備されている駐車場を利用することができます。

すべて無料で利用でき、20台停車できます。

中部横断自動車道増穂IC/東名自動車道清水ICからアクセスできます。

うつぶな公園のあじさい

写真提供:やまなし観光推進機構

梅雨時期ですので、雨具の持参も忘れずに。

移動しやすいように、傘よりもレインコートのほうが安心です。

うつぶな公園は山梨県のなかで2番目に大きいあじさい名所です。

各地から観光客も訪れますから、混雑に気をつけながらアクセスしてください。

スポンサーリンク