いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

梅雨になると行きたい鎌倉・明月院、あじさいの見頃はいつ?

      2016/03/21

明月院あじさい

梅雨は憂鬱ですが、そんな梅雨の時期を楽しく過ごせる場所があります。

それは、鎌倉・明月院です。

その名のとおり神奈川県鎌倉市にある寺院で、あじさいの名所として知られています。

そのため、梅雨時期になると満開のあじさいを見ることができます。

鎌倉には多くの寺院がありますが、そのなかでもあじさいが綺麗だと有名な場所は明月院・成就院・長谷寺の3か所です。

同じあじさいの名所でも、それぞれ違った雰囲気を楽しむことができ、毎年梅雨時期になると多くの観光客で賑わいます。

スポンサーリンク

 

あじさいの見頃はいつ?

明月院で見られるあじさいの見頃は、6月上旬から下旬頃。

天候によって前後しますが、見頃はやはり6月入ってからになるでしょう。

2016年も同時期頃からあじさいが開花します。

見頃のピークは6月末までになりますが、あじさいは7月中旬頃までが開花時期になりますので、期間内であれば綺麗なあじさいを見ることができるのでしょう。

またあじさいは湿度が高くなると色濃くなるという特徴があります。

湿度が高いとどうしてもテンションが下がってしまいますが、そんなときは明月院のあじさいに癒されに行ってみてください。

雨上がりの時間帯に行くと、より鮮やかなあじさいを鑑賞することができるでしょう。

あじさい

濃厚な青色が魅力

明月院のあじさいといえば、なんといっても濃い青色です。

『明月院ブルー』と呼ばれており、院内に植えられているあじさいは2500株もあります。

綺麗なブルーのあじさいが、寺院を青く染め、とても幻想的な景色を見せてくれます。

見る角度によってまた違った色になるのも魅力のひとつでしょう。

明月院で植えられているあじさいは決して珍しいものではありません。

ヒメアジサイといって、日本古来の品種です。

それでも濃厚な青色をしているのは、土地の環境によるものではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

あじさい以外でも見所あり

もちろん、明月院はあじさい以外にもたくさんの見どころがあります。

穴場スポットとして花菖蒲も人気があり、明月院本堂の裏手に広がっています。

普段入れる場所ではありませんが、あじさいや花菖蒲の時期になると見られるようになります。

別途料金が必要になりますが、せっかくの限定公開ですのでぜひ行ってみてください。

明月院は鎌倉のなかでももっとも花の数が多いといわれています。

足を運んだ際はあじさいだけでなく他の花もチェックしてみてください。

あじさい

アクセス方法と拝観料

拝観料は大人300円(6月は500円)、後庭園は500円となっています。

 

拝観時間は9時~16時までですが、6月のみ8時30分~17時まで拝観できます。

 

あじさいの時期になると特に混雑が見込まれますので、車で行かれる方は予定よりも早い時間に出発するとベスト。

それでも渋滞する場合がありますので、アクセスしやすいルートを見つけておくと渋滞に巻き込まれずに済みます。

電車は、東海道本線『大船駅』で下車し、横須賀線『北鎌倉駅』から歩いて10分程になります。

スポンサーリンク