いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

そら豆を美味しくする茹で時間と塩加減

      2016/03/18

そら豆

そら豆は味の濃い食材です。

そのため、茹で時間や塩加減を間違えると一気に味が落ちてしまいます。

そら豆は下ごしらをきちんとすることで、より美味しいそら豆に変身します。

正しい茹で時間と塩加減で美味しいそら豆を作りましょう。

スポンサーリンク

 

水に対しての塩の量は?

そら豆を茹でるときに用意するものは、『そら豆』と『塩』です。塩加減のポイントは、茹でる水に対してです。

水1リットルに対し、塩は20g程加えます。

約大さじ1強くらいでしょうか。

茹でる水に対して2%入れるのが美味しいそら豆を茹でるコツになります。

ここでは、さや付きのそら豆を400~500g茹でた場合で説明します。この量でしたら、大体2~3人分になります。

塩

さや付きがオススメです

材料を準備したら、さっそく茹でていきましょう。

そら豆は、さやの中がぎっしり詰まっているものがオススメです。

また購入するときは必ずさや付きで。

というのも、豆類はそら豆だけでなく鮮度が落ちやすいからです。

綺麗な状態を保つためにも、さや付きがオススメ。

茹でる前にさやから豆を出し、切り込みを入れます。

この下ごしらえをするのとしないのとでは、出来上がりに大きな違いがあります。

黒い部分の反対側に浅く切り込みを入れます。

浅く、長さ1~2cm程切り込みをいれましょう。

切り込みを入れることで全体に塩がまわりやすく、また実もスルッと出すことができます。

スポンサーリンク

 

茹でてみよう

鍋に水を沸かし、塩を入れます。

しっかり茹でたら、2分半~3分程そら豆を茹でていきましょう。

ひとつ食べてみて、茹で上がっているのを確認したらざるに上げます。

これで、そら豆が完成です。

切り込みを入れているので食べるときも食べやすく、お酒のおつまみにも最適でしょう。

ちなみに、3cmに満たないそら豆や内皮が柔らかいものは、茹で時間を1分半~2分程にしてください。

通常どおりの茹で時間にしてしまうと、茹ですぎて旨味が落ちてしまうからです。

そら豆の状態を見ながら、適宜茹で時間を調節してみましょう。

鍋

水・塩以外でも

いかがでしょうか?そら豆は茹で方を知るともっと美味しく仕上がります。

一般的に炒め物や和え物と使われることが多いそら豆ですが、ぜひ正しい茹で方を知ってそのままのそら豆を楽しみましょう。

 

捕捉ですが、そら豆を茹でるときに水・塩だけでなくお酒を加えると良いともいわれています。

水1リットル・塩大さじ2にお酒は100ml程度になります。

そら豆の状態によって多少調整が必要ですが、お酒を加えることで青臭さを抑えることができます。

そら豆は、4月から6月にかけてが旬の時期になります。

特に初夏はもっともそら豆が美味しい季節です。

せっかくそら豆を食べるなら、旬の時期に購入してください。

旬の時期以外に食べるそら豆とは比べものにならないくらい、より旨味を実感できるでしょう。

スポンサーリンク