いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

初心者の夏登山、トレッキングの服装の選び方

      2016/03/14

夏登山

登山ブームがやってきているようです。

男性も女性も楽しめるものですし、年齢層も幅広くて若い人から年配の人まで自分のペースで楽しめるので人気となっているようです。

この夏、登山を始めてみようかなと考えている人もいるのではないでしょうか。

初心者の夏登山、トレッキングで使う服装の選び方を知っておきましょう。

スポンサーリンク

 

登山の服装とは

アウトドアのウェアは持っているから夏登山ならそれくらいで十分だろうと思っていませんか。

いくら夏の山と言っても、標高の高いところだとかなり気温は下がります。

登山やトレッキングの服装選びで大切なのは、汗や熱を体の外へ放出するもの、冷気や雨、風を防御するものが必要です。

登山の服装は、重ね着するのが基本と覚えておきましょう。

簡単に言うと、1枚目に汗を逃がす肌着、2枚目に体温調節する中間着、3枚目に防水や防風のアウターです。

この3つが原則です。

登山

これから購入する人は、最初からあまり高価なものを揃える必要はありません。

しかし、雨具と肌着だけは登山用のものか、それ相応のスポーツウェアがおすすめです。

汗をよく吸うなら綿のシャツが良いのではと思いますが、登山では使いません。

濡れても乾きませんから、体温調節がうまくできないのです。

また、登山用のパンツ類は、Gパンや綿パンは当然のことながらダメです。

夏登山では涼しい素材で足が上げやすいものが良いでしょう。

ピッタリフィットし過ぎるものは、かえって疲れるので避けた方が無難です。

夏山なら、登山用のスパッツやタイツの上から短パン、スカートをはいても良いでしょう。

登山用品のお店に行ってみると、カラフルなデザインのスパッツなどが売られています。

夏山でも帽子や手袋は必要です。

その季節に合ったものを身につけましょう。

スポンサーリンク

 

登山では脱いだり着たりの繰り返し

登山の服装は重ね着が基本なので、選び方としては重ね着しやすい薄手のものをいくつか探すと良いでしょう。

登山の最中は、気温の変化に伴いウェアを着たり脱いだりの繰り返しです。

簡単に脱ぎ着ができるもので、かさばらないものを選ぶようにしましょう。

特に夏山は、地上との気温差がかなりあります。

登るにつれて気温が下がりますが、寒さを我慢していると体力低下を招きます。

我慢し続けていたせいで、途中で動けなくなった、なんてことがないように体温調節は服装でこまめに行わなければなりません。

夏の山

登山を楽しむために

初心者はまず登山の服装やグッズ選びから始めますが、事前にインターネットなどで情報を集めてお店に行く人が多いと思います。

自分で調べたことと、お店での店員の話と違うということがあるでしょう。

店員が登山経験者なら、経験談をふまえて話をしてくれるので大いに参考になるものです。

良いとすすめられたらまず使ってみると良いでしょう。

良いグッズを使えば登山も楽しむことができます。

スポンサーリンク