いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

神戸まつりではディズニーが見られる?開催日と利用しやすい交通機関とは

      2016/03/13

太鼓

5月はお祭りの季節です。

そのため、毎年各地でさまざまなお祭りが開催されています。

神戸では、ディズニーが見られる神戸まつりが有名です。

『ディズニーランドではないのにディズニーが見られる?』と不思議に思う方も少なくないでしょう。

このディズニーとは、ディズニーパレードのことです。

神戸まつり以外でも、京都でもディズニーパレードが見られるスポットがあるとか。

神戸まつりを目的に行かれる方はもちろんのこと、ディズニー目的で行かれる方も少なくないといいます。

またディズニーパレードでは、当日ディズニー関連のグッズも露店で販売されます。

そういったところも、多くの人が集まる特徴のひとつなのでしょう。

スポンサーリンク

 

神戸まつりって?どんな祭り

そもそも神戸まつりとは、どんなお祭りなのでしょうか?最近ではディズニーパレードの印象が強く、本来どんなお祭りだったのか知らない方も多いのでは?神戸まつりが開催されるようになったのは、1971年です。

市民参加型のお祭りとして誕生し、毎年5月になると行われます。

そして、お祭りのテーマは『緑と海そして愛』。

兵庫県のなかでは最大の祭典といって良いでしょう。

神戸まつりの前身いイベントとして戦前1933年から開催されている『みなとの祭』や1967年の『神戸港開港100周年記念祭』などが挙げられます。

それに並んで、『神戸カーニバル』があり、みなとの女王お披露目や市内の電飾などお祭り当日は街が一層華やかになります。

ただ伝統的なお祭りというよりも、市民創作型の新しいタイプのお祭りとして始まったため、他県のお祭りに比べると印象は違うでしょう。

ディズニーパレードがあるのもそのためです。

カーニバル

神戸まつりの見どころはサンバ

神戸まつりの見どころは、ディズニーパレード以外にも『サンバが踊れる』ところです。

ディズニーパレードよりも前に行われているため、別名『サンバまつり』とも呼ばれているほど。

なぜサンバが踊られるのかというと、神戸市はサンバの本場であるブラジル・リオデジャネイロと姉妹都市になっているからなのです。

踊りなら、日本人らしく日本舞踊や盆踊りで良いのでは?と思いますが、サンバを踊るのはそういった歴史があるからでしょう。

実に神戸らしいお祭りです。しかも、サンバが披露されたのは1971年。別名サンバまつりと呼ばれるのも納得できます。

スポンサーリンク

 

2016年開催予定日はいつ?

2016年の神戸まつりは、5月15日(日)に開催予定です。

毎年この時期になると、広い範囲で交通規制が入ります。

そのため、車でのアクセスは混雑しやすく予定どおりの時間にお祭りが見れなくなってしまうことがあります。

規制となるエリアは、JR三宮・元町阪神高速3号神戸線~国道2号線・鯉川筋です。

花時計がある周辺の駐車場は満車になりやすいため、車でアクセスする際は事前に駐車できる場所をチェックしておきましょう。

スポンサーリンク