いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

2016ゴールデンウィークはいつからが混雑ピークになる?

      2016/03/08

5月カレンダー

2016ゴールデンウィーク、長期の休みにはやっぱり楽しい予定をたくさん入れたいところ。

海外旅行をされる方もいるのではないでしょうか?せっかくの休みですから、計画を立てていつもと違う体験をしてみませんか?

スポンサーリンク

 

ゴールデンウィークの混雑状況

そこで気になるのが混雑状況です。

この時期はどうしても各地に観光客が増え、人や車でごった返します。

だからといってせっかくの休みに家でジッと過ごすわけにはいきません。

そこで、いつからが混雑ピークになるのか事前に知っておくと安心です。

特に2016年は7連休や10連休なんて方もいます。

ゴールデンウィークは過ごしやすい時期でもありますから、混雑状況を知って賢く長期休みを楽しみましょう!

車の渋滞

早くから計画を

社会人にとっては長期の休みになる場合が多いですが、2016年のゴールデンウィークは平日が挟まれており、学校や会社に行かなければいけない方も少なくないでしょう。

5月2日は月曜日、5月6日は金曜日になります。

ゆっくりしたいと思っても、間に平日があるのでカレンダーの並びはあまり良くありません。

そのため、一般的には4月29日から3連休、5月3日から3連休という方が多いと思います。

それでもしっかり休みはありますから、やはり早くから予定を立てておくのがポイントです。

スポンサーリンク

 

混雑のピークは?

気になる混雑ピークです。

2016年のゴールデンウィークは先にも述べたとおり休みが分散していますから、高速道路や公共交通機関の混雑も2015年よりも緩くなる可能性があります。

そのため、帰省やUターン時のラッシュも緩和されるのではないでしょうか。

・下りのピークは?

4月29日の7時です。

5月2日をお休みにしている会社などは、やはりゴールデンウィークの初日は混雑ピークとなりやすく、特に(早朝)6時から7時にかけては渋滞のピークになります。

ですので、車で遠征される方や故郷へ帰省される方は前日の夜に出発するか、29日深夜頃がオススメです。渋滞を避けることができるでしょう。

・上りのピークは?

5月5日の時間帯は17時頃でしょうか。

3連休+3連休になりやすいため、最初のピークが5月1日とすると、最終日も8日が渋滞しやすくなります。

それでも5日が混雑しやすくなるのは、8日を避けて5日頃にUターンする方が多いからです。

ピークは17時頃ですので、それを避けるために5日の午前中もしくは深夜に出発するようにしましょう。

新幹線

・公共交通機関の場合は?

飛行機・新幹線ともに例年通り混雑が予想されます。

特に北陸新幹線が開通したことで、2016年は北陸への交通機関は混雑しやすいでしょう。

そのため、下りのピークは4/29の午前中、上りのピークは5/5の午前中になります。

これらを念頭においてスケジュールを立てると、混雑ピークを避けてスケジュールを立てることができるでしょう。

スポンサーリンク