いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

皆の俳句がぼんぼりに!おのみち俳句まつりで春を満喫!

      2016/03/08

おのみち俳句まつりの桜

映画のロケ地やラーメン、そして坂の街としても有名な、広島県尾道市では、おのみち俳句まつりという催しも開かれていることをご存じでしょうか。

おのみち俳句まつりは、お花見の時期に一般の方が作られた俳句によって、成り立っているとも言えるイベントです。

スポンサーリンク

 

おのみち俳句まつりの概要とはどんなもの?

広島県尾道市のおのみち俳句まつりは、尾道市で行われる千光寺公園のお花見の際に、ぼんぼりに俳句を入れて灯すというイベントとなっています。

2016年3月19日(土)から4月17日(日)まで開催され、ぼんぼりは午後6時から翌朝の6時まで点灯されます。

ぼんぼりに入れられる俳句を1つ1つ眺めるのも楽しいのではないでしょうか。

通常のお花見とはまた違った楽しみ方となることでしょう。

おのみち俳句まつりの桜

おのみち俳句まつりへのアクセスはどうなってるの?

おのみち俳句まつりに行くなら、アクセスも重要でしょう。

車で行かれるなら、山陽自動車道の福山西ICより尾道バイパスを通って15分ほどで到着できるでしょう。

山陽自動車道の尾道ICからなら、国道184号線を通って約15分の距離です。

電車をご利用なら、JR 尾道駅よりタクシーを利用して、約10分で着くことができます。

また、JR尾道駅よりロープウェイ山麓駅まで5分ほど歩き、ロープウェイを利用して3分ほどで到着できるルートもあります。

JR新尾道駅からもタクシーを利用して約10分で千光寺公園に到着できます。

スポンサーリンク

 

車で行くなら重要!駐車場はある?

車で訪れるなら、駐車ができるかという点がポイントになります。

千光寺公園には千光寺公園駐車場があります。

70台が停められますが、臨時駐車場としては220台が停められるでしょう。

普通車は1日で600円の駐車料金となっています。

その他にも様々駐車場は周辺にあるので、駐車に困るということはないでしょう。

おのみち俳句まつり街灯

俳句をぼんぼりに入れることができる!

千光寺公園で開催されるお花見の際に、ぼんぼりに俳句が入れられるのですが、これは、事前に投句をされた方の俳句が入れられるのです。

2016年度の募集は1月で終了していますが、来年に応募されたなら、もしかしたらあなたの俳句がぼんぼりで灯されるかもしれません。

部門は一般の部と小中学校の部に分かれていて、一般の部では投句をするには2句を1組として1000円のお金もかかります。

小中学校の部は無料です。

何組でも投句をすることができますが、定額小為替証書による投句料が同封されていない場合には、無効となりますので、注意をしましょう。

応募用紙については、『おのなび』のホームページからダウンロードすることができます。

ぜひ、あなたも挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク