いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

淀川河川公園背割堤地区でお花見をするなら知っておきたい情報が満載!

      2016/03/03

淀川河川公園背割堤地区の桜

京都にはたくさんのお花見スポットがありますが、京都市外で人気のお花見スポットといえば淀川河川公園背割堤地区です。

京都府八幡市にあり、美しい桜並木が見られることで有名です。お花見シーズンになると、毎年多くの人で賑わい、特に週末になると各地から背割堤の桜を見に訪れる方が増えます。

近郊に住んでいる方は、毎年この時期になると車で訪れるという方も少なくないようです。

スポンサーリンク

 

見頃と見どころは?

そんな背割堤の桜が見られる時期は4月上旬頃です。

気候によって多少前後しますが、2016年も同時期くらいに桜が見られるのではないでしょうか。

背割堤では、約250本のソメイヨシノが咲き誇り、全国でも3位になるほど人気のスポットです。

また桜が見ごろなると、『八幡桜まつり』も開催され連日さまざまなイベントで盛り上がります。

db46e70b5c46e647ead36454fe3d1e36_s

お花見は、桜下の芝生を利用される方が多く、シートを敷いてゆっくりお花見を楽しみます。

ただ日中は多くの観光客で賑わいますが、日没以降は地元の方の割合のほうが高くなります。

そのため、泊りがけで夜のソメイヨシノを鑑賞するのも良いでしょう。

夕日に照らされたソメイヨシノは、幻想的な雰囲気へと導いてくれます。

ほとんど人が残りませんから、撮影にも最適です。

菜の花も咲いているので、桜のピンクと菜の花の黄色で鮮やかな景色が広がっています。

過去の開花日は、3月下旬頃からでした。

そこから徐々に満開になり、3月の終わり頃から人も増えてきます。

スポンサーリンク

 

駐車場とアクセス方法

・駐車場

京都市外ということもあって地方の方はすぐに市内に移動される方も少なくないようです。

またお花見シーズンになると臨時駐車場も用意してくれます。

背割駐車場は使用できなくなりますが、お花見客専用の駐車場を用意してくれるので安心です。

ただし無料ではなく協力金として1000円かかります。

お祭りではさまざまな屋台が出店し、お花見の際はここで食料を調達することができます。

飲み物も売っていますが種類はそれほど多くありませんので、水筒を持参することをオススメします。

・アクセス方法

アクセス方法は交通機関がオススメですが、車でもアクセスできます。

混雑が予想されるため、遠くから行かれる方は早めに家を出発してください。

名神高速道路大山崎ICを出てすぐのところに背割堤があります。

ICを下りると桜並木が見えてくるので分かりやすいのではないでしょうか。

混雑を避けたい方は電車がオススメです。

京阪本線八幡市駅から歩いて10分程で到着します。

徒歩でアクセスしても桜並木が目印になるので分かりやすいでしょう。

桜

満開の時期には桜のトンネルになっているので、ぜひ咲きはじめよりも満開宣言をしてから足を運んでみてください。

ちなみに秋になると一帯は紅葉を鑑賞できます。

春には桜を、秋には紅葉を、四季の変化を楽しめるのも背割堤の魅力のひとつでしょう。

スポンサーリンク