いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

遠城址公園、お花見の期間と見どころ。穴場スポットやアクセス方法の情報

      2016/03/03

遠城址公園

高遠城址公園は、長野県に伊那市にあります。

高遠城は戦国時代の武田信玄の家臣・山本勘助の縄張りだったといわれています。

そのため高遠城址公園は非常に歴史が古く、桜の名所としても有名です。

高遠城址公園に咲く桜はコヒガンザクラといって、桜の一種になります。

1500本のコヒガンザクラが咲き、日本さくら名所100選にも選ばれました。

桜はもちろんのこと、そこから見える城も桜に包まれ鮮やかになります。

また、桜のシーズンになると『高遠城址公園さくら祭り』も開催され、多くの観光客で賑わいます。

スポンサーリンク

 

見頃は例年より早いかも

そんな高遠城址公園のお花見期間は、4月上旬から中旬頃といわれています。

ソメイヨシノなどに比べると咲く時期が遅く、桜が散った頃にコヒガンザクラが咲きはじめます。

気候によって開花・満開の期間は異なりますが、2015年は4月上旬に咲きはじめ、4月中頃には見ごろになりました。

散り終わりは4月21日頃でしたので、2016年も同じくらいの時期に桜が咲くのではないでしょうか。

2016年は例年より暖かくなるのが早いといわれていますから、もしかしたら2日程早く桜が見ごろになるかもしれません。

桜

 

夜にはライトアップも

お花見期間になると、ライトアップもされます。

ライトアップは、咲きはじめから散り終わりまでの期間となり、大体日没~22時頃までライトアップされます。

ライトに照らされた桜は、昼とはまた違う顔を見せてくれるでしょう。

また高遠城址公園では有料期間を設けています。

そのため、桜の開花宣言翌日から散り終わりまでは、大人1人1日につき500円、小・中学生は250円の入園料がかかります。

団体(30人以上)の場合、個人よりも少し安い入園料で入園できます。

ただし伊那市民は身分証明書の提示で入園できますので、入園料はかかりません。

地方の方のみ有料となりますので、覚えておきましょう。

スポンサーリンク

 

お勧めスポットは橋から見える桜

高遠城址公園はとても広い敷地ですので、ゆっくり桜を見たいという方は、早めの来園をオススメします。

城や記念碑などもあり、見どころもたくさんありますから、観光にも最適です。

いろんな角度から見ることができるので、穴場スポットもたくさんあります。

特にオススメのスポットは、『桜雲橋(おううんきょう)』です。

橋から見える桜は、まるで橋を渡ると別世界へ連れて行ってもらえるような気持ちにさせられます。

橋から見る桜

アクセス方法と混雑状況

アクセス方法は、車・電車で可能です。

ただ桜のシーズンになると混雑が予想されますから、できれば公共の交通機関のほうがアクセスしやすいでしょう。

車の場合、中央道伊那ICから国道361号経由で30分程でアクセスできます。

駐車場は有料と無料がありますのでお間違えのないようにしてください。

電車を利用する場合は、JR伊那市駅から高遠方面伸バスに乗り、高遠駅下車で歩いて15分程になります。

スポンサーリンク