いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

コネと実力、どっちが重要?

   

6d561157a93b73929e0b2a9ee71f8da2_s_r

コネと実力、社会で成功するためにはどちらが有利なのか、日本だけでなく諸外国でもたびたび議論に上る話題です。著名人や権力者の後ろ盾なく、自分の努力だけで成功をつかんだ人からすれば、コネよりも実力の方が重要だと断言するでしょう。しかし実際には、コネで入った会社で高い地位を獲得し、社会的にも認められている人というのも少なくありません。

コネと実力が影響するのは社会人になってからとは限りません。大学に入学できるかどうかも、コネと実力の有無が大きく左右するのです。

スポンサーリンク

大学にコネで入った人と実力で入った人、どちらが優秀?

日本はまだそれほどではありませんが、アメリカはコネ社会だと言われています。特に大学入学に際してそのコネが顕著になってくるようです。その原因の一つが、高額な私立大学の運営費にあります。

日本には私学助成金という制度があります。憲法違反なのでは?という意見もありますが、この制度は私立の大学や高等学校に対して国が、経済的負担の軽減のために教育または研究にかかる経常的経費を補助するというものです。もともとは学校数の不足のため、私立学校の設立を促進させる目的で作られた制度であるという説もあります。

アメリカにはこのような制度がないため、私学の経費は経営者にとって大きな負担となります。これを補うのが在学生や卒業生からの寄付です。寄付なくして私立大学の運営は成り立たないといっても過言ではないかもしれません。そのため、多額の寄付をしている人は大学に対して多大な影響力を持ちます。多額の寄付をしている家庭の子供は入学しやすくなるのです。いわゆる、コネ入学です。

一方で、当然実力で入学する生徒もいます。しかしコネ入学の学生と実力で入学した学生、どちらが社会で成功するかというと、実はコネ入学の方がその確率は高くなるのです。大学にコネ入学ができるということは、社会的に高い立場にある人々にも当然少なくないコネがあるということになります。つまり、大学卒業後の進路も良質なものが用意されているということになります。たとえ学力が低くとも、それなりの会社に進めるということになります。そこで、学力以外に光るものを見つけられることもあるでしょう。コネだけでなく、実力までもが認められる機会も多く用意されているということなのです。

コネがなく実力だけの学生は、社会的に影響力のある人々の目につく機会がコネのある学生ほど用意されているわけではありません。下手をすると、せっかく高い学力があるにもかかわらず、その学力に見合った職や地位を手に入れることができない、なんてことにもなりかねないのです。

スポンサーリンク

実力が邪魔になることも

優れた実力が、社会生活を送る上で邪魔になることもあります。社会で成功するためには、その組織の文化や暗黙のルールに従うことも重要となります。しかし実力がある人ほどこれを軽視し、実力だけで判断してもらおうと考えがちです。結果、それが災いして実力を評価されることなく失敗してしまうケースが少なくありません。

スポンサーリンク