いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

引っ越しをスムーズにするコツについて

      2016/11/25

引越しのトラック

引越しは重労働です

一人暮らしをスタートさせたり、結婚や転勤となると引越しという一大イベントがあります。私は結婚を機に新居に引っ越したのですが、荷造りがとっても大変でした。

狭い1DKに住んでいたからさほど荷物もないだろうと思っていたら、わんさかと色んな荷物があふれ出て梱包作業がなかなかはかどらなくて過酷な作業でした。

リッチに梱包から荷解きまで全て業者がしてくれるサービスを利用すればどれだけ楽なのだろうと思いましたが、結婚資金や新居の初期費用にお金がかかり、引越しに費用をかけることもできずスタンダートな引越ししかできませんでした。

ところが、引っ越し準備にはいくつかコツがあったのです。

スポンサーリンク

 

早めの作業で負担を軽減しましょう

まず引越し準備はいつから始めるのかということですが、早ければ早いに越したことはありません。引越し業者の見積もりの時点で段ボールをもらえるのでその時点で始めるのもいいですが、段ボールなら近所のスーパーからも調達はできるので、早めに準備に取り掛かり引越し当日にバタバタする事なく余裕をもたせるといいでしょう。

ただ自分で段ボールを入手する際は、重い荷物にも耐えれる強度が必要なのでそこは注意点です。そして引越しまでに日にちがあるのに、なんでも荷造りをしてしまうと、また出し入れをしないといけなくなり二度手間になってしまうので、どこから始めるのかも頭にいれないといけないですね。

段ボールと服

最初は、普段使わないものをどんどん梱包していきましょう。季節外の服や使っていない鞄、靴、食器や本などを荷造りしていくといいと思いますが、どんどん不要品もでてくるはずです。

不要なものを固めてそれを処分するか引越し先に持っていくか分別しないといけません。最初から不要だと思うもので売れそうなものはリサイクルショップに持っていけば多少でも利益も得れますし、少し手間はかかりますがネットオークションという手もあるので、引越しまでに不要だと思うものは片付けておきましょう。

スポンサーリンク

 

段取りが命の引越し

そして普段必ず使うもの以外はどんどんと梱包していき、段ボールごとに分け、油性マジックで何が入っているかを書いておけば荷解きの時は楽になります。

そして引越し前日に梱包する用の段ボールだけ残してとにかくどんどん荷詰めしていきましょう。

細かく分類するのも時間がかかるので、例えば台所用品は調味料や食品関係のものでごちゃごちゃしてしまいますが気にせずにつめてしまい、その後の整理整頓は引越し先でしてもいいと思います。ざっくりとした仕分けでも、割れ物は丁寧にしておく必要がありますね。

引越しの準備品

そして引越し当日までに冷蔵庫のものもできる限り食べてしまう方がいいです。引越しが近くなれば、外食や惣菜で食事を済ませておけば食品が増える事もないので、その事も念頭に置いておいた方がいいです。

そして引越し前日に残りの物を梱包すればきっと全ての荷物が落ち着くと思います。早め早めの引っ越し作業でコツを押さえながら進めていけば、引越し当日に余裕があるはずなので気長な気持ちで頑張りましょう。

スポンサーリンク