いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

成人式の当日のスケジュールの立て方

      2016/10/23

着物姿

一生に一度の晴れ舞台、成人式。ご両親もご本人も、この日を楽しみにしている人はたくさんいるでしょう。

成人式には、意外とやることがたくさんあります。式典に出席するのはもちろんですが、その前には振袖の着付けやヘアメイクをしたり、会場で懐かしい友人たちと写真撮影をしたり、式典が終わったら親戚にご挨拶に行ったり、洋服に着替えて親しい友人たちとの宴会や同窓会に繰り出すという人もおおいでしょう。

これだけやることがあると、事前にしっかりとスケジュールを立てなければやりたいことが満足にできなくなってしまいます。そこでここでは、成人式当日のスケジュールの立て方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

成人式前日までの準備

成人式には事前に準備しておくべきこともたくさんあります。振袖の着付けやヘアメイクの予約です。着付けとヘアメイクは成人式の式典が始まる前までに完了するように予約する必要があります。式典の開始時間は自治体によって異なりますが、通常は朝9時~10時前後に始まるところが多いでしょう。着付けとヘアメイクにはだいたい2時間程度かかります。これに会場までの移動時間等を加えて、だいたい式典が始まる3時間前に予約を入れておけば、余裕をもって行動することができるでしょう。

着付け&ヘアメイク

式典が10時開始の場合は、着付けとヘアメイクの予約はだいたい7時です。ヘアメイクにかかる時間は髪型にもよりますが、だいたい1時間を見ておくといいでしょう。さらにネイルをやってもらう場合はそれにプラス30分以上はかかるでしょう。着付けにもだいたい1時間程度かかります。できるだけ着付けがスムーズにいくよう、前開きの服を着ていくのがポイントです。

会場到着~式典終了

成人式

式典の会場へは、式開始の30分以上前に到着するよう予定を立てるのがおすすめです。会場には多くの人が詰めかけるので友人を見つけるにも一苦労ですし、久しぶりに会った旧友との写真撮影が始まるかもしれません。式典は1時間程度で終了します。そのあとはすぐに街に繰り出す人もいれば、しばらく会場周辺で写真撮影や懐かしい友人探しをする人など様々です。

スポンサーリンク

 

いったん解散

振袖姿のまま会場周辺や街に遊びに出ても、夕方前には一度解散する人が多いでしょう。昼食を取るにしても振袖姿のままではなかなか大変なので、お昼前には一度帰宅する人が多いのではないでしょうか?その後は振袖姿で親戚やご近所さんに挨拶周りをするのもいいでしょう。

洋服に着替えて同窓会へ

同窓会夜に同窓会や宴会の予定があるなら、17時過ぎにはご近所や親戚への挨拶回りも終えて一度帰宅し、再び外出する準備を整えましょう。着付け程大変ではないとはいえ、慣れていない人にとっては振袖は脱ぐのも一苦労。また脱いだ振袖が傷んでしまわないよう丁寧に仕舞う必要もありますし、髪型もいったんは崩すことが多いのではないでしょうか。そのため、通常のしたくよりも時間がかかります。同窓会や宴会の開始時間に対して余裕をもって行動しましょう。

スポンサーリンク