いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

成人式の振袖、レンタルと購入どちらがお得?

      2016/10/21

成人式

成人式は一生のうちでも数少ない着物を着るチャンスです。

それだけに、成人式の振袖選びは普段着る洋服を選ぶのとは比べ物にならないくらい真剣になってしまいますよね。

ところで成人式の振袖はレンタルをしますか?それとも購入をしますか?

振袖はとても高価なものなので、レンタルの方がお得だ、と考えている方も多いでしょう。

しかし単純にそうとは言い切れません。

場合によっては購入した方がお得だったということもあります。

ここではレンタルと購入、それぞれのメリット・デメリットからどちらの方がお得なのかを考えたいと思います。

スポンサーリンク

 

レンタルのメリットとデメリット

レンタルのメリットは、同じクラスの着物であれば購入するよりも割安となります。

また、お手入れや保管場所などを考える必要がありません。

成人式で一度着用したら、そのままお店に返却するだけなので、手軽に着物を楽しむことができます。

しかしレンタルにはデメリットもたくさんあります。

レンタルの着物は平均的なサイズが中心となっています。

着物の展示

そのため平均以上に背が高かったり小柄な人などは、選択肢が限られてしまいます。

気に入った着物が見つかっても、合うサイズがない場合もあります。

また、お手入れや保管方法が劣悪なお店だとシミやくすみなどがあることもあります。

購入するよりは安く済むとはいえ、新作や人気のある柄は割高になり、結局購入するのとそれほど変わらない金額となってしまうこともあります。

さらに、成人式以外にも何度も振袖を着る機会がある場合は、購入するよりも割高になる場合があります。

スポンサーリンク

 

購入する場合のメリットとデメリット

次に購入する場合のメリットとデメリットをご紹介します。

購入する場合は一見レンタルよりも大きな出費になるように思えますが、3回以上着ればレンタルするより割安となります。

自分の子供や孫にまで残すことができ、意外と経済的です。

すでにサイズが決まっているレンタルと違い、購入する場合は自分の体に合わせて仕立てるため、着姿がとても美しくなります。

選択肢も多く、自分が本当に気に入った着物を着ることができます。

クリーニング店

ただし、一度だけの着用であればやはりレンタルよりも割高になってしまいますし、保管スペースの確保も必要になります。

また定期的にお手入れをしないと状態が悪くなってしまうため、クリーニングなどの手間がかかるというデメリットがあります。

レンタルと購入、どちらがお得なの?

ここまでご紹介してきたことをまとめると、成人式以外にも着物を着る機会があり、保管スペースも確保できるのであれば購入の方がお得、反対に着物はそれほど好きではなく、保管スペースも確保できないしお手入れも面倒、という方はレンタルがいいでしょう。

振袖は未婚女性の第一の礼装なので、成人式だけでなく結婚式や卒業式、謝恩会など着る機会はたくさんあります。

ただし、着物を着るには着付けを頼んだり、所作にも気を使う必要があり何かと面倒です。

着物を着る機会、保管場所、お手入れの手間、着る際の手間などを考慮して、レンタルにするか購入にするかを決めるのがいいでしょう。

スポンサーリンク