いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

七草粥はいつ食べるの?簡単レシピもご紹介

      2016/10/15

七草粥

七草粥は、いつ食べるのでしょうか?

毎年1月7日の「人日(じんじつ)の節句」の日の朝、「1年間の健康と幸せ」を願って食べられる日本の伝統料理の1つです。

「節句」というと桃の節句や、端午の節句を思い浮かべますが、七草粥を食べる人日の節句も「五節句」といって、同じくらい大切にされてきた日です。

この七草粥や「人日の節句」の由来は、両方とも中国から伝わってきた風習と言われています。日本でも平安時代から食べられていました。

七草粥を食べる理由には、新春、早い時に出てくる草を食べることで、邪気を払って無病息災を祈るため、と言われています。

また、その年、1年間の収穫がよいものになりますように、という願いもこめられています。

そして、お正月のおせち料理など、贅沢なごちそうになれて疲れてしまった胃腸を、普段どおりにもどしていく効果、作用もあります。

「お粥」にしているのも消化によく、胃に負担の少ない調理法だからなのですね。

また、冬の間、野菜が少なく十分なビタミンなどの栄養をとれなかったので、それを補うといった意味もあります。

スポンサーリンク

 

七草の種類

材料に使われるのは、「春の七草」と呼ばれる7種類の草で、その年の春、早くに芽吹きます。

セリやぺんぺん草の名で知られるナズナ、ははこぐさと呼ばれるゴギョウ、ハコベラにホトケノザのような、七草でしか聞かないような草とスーパーでも日常的に見ることができる、カブ(すすな)、大根(スズシロ)がその7種類です。

この七草をおかゆにして7日の朝に食べます。

8ede872c9ade8f369a0845ecf2f8c375_s_r

さて、この七草には、7つにそれぞれ意味があることを知っていますか?

それぞれの草に「競争に競り勝つ」「よごれをはらう」「繁栄」と、名前に由来した意味と、「仏さまの体」「仏さまが座られる安座」「神様を呼ぶ鈴」「汚れのない清白」と、見た目に由来した意味とがあります。

こうして、七草はそれぞれ縁起のいい意味のある食べ物になるのです。

また、春の七草は「日本のハーブ」とも呼ばれています。

食欲増進、胃炎などの体の調子、特に胃腸に対してそれぞれの効果もあるのです。

スポンサーリンク

 

美味しい七草粥の簡単レシピ

さて、では最後に七草粥の簡単レシピをご紹介します。

昔は、釜を使って時間をかけて作ったようですが、炊飯器にかけるだけで簡単に作ることができますよ。

材料を1cm間隔で切っておきます。

おしょう油とだしを入れて、おかゆモードで炊飯器のスイッチを入れます。

お好みで溶き卵をいれてもおいしいですよ。

d227d7bdef744b06ad9011a54fb405be_s_r

炊き込みご飯のように、材料を全部入れて炊くのではなく、炊飯器でお粥を作ってから切ってあった七草を入れ、3分ほど炊きます。

このおかゆを先につくっておくのが美味しくできるコツです。

こうすることで、七草のきれいな緑もそのままに食べることが出来ます。

材料の七草も、スーパーに行くと「七草粥セット」として、とても簡単に買うことができますので、今年の1月7日は、ぜひ、美味しい手作り七草粥作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク