いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

神話からの歴史をもつ、由緒正しき熱田神宮で初詣

      2016/10/04

手を合わせてる女性

愛知県名古屋市にある熱田神宮は、全国でも非常に有名な初詣スポットです。

単なる初詣スポットとしてだけではなく、例年230万人もの参拝者が訪れる愛知県内の神社の中で最も初詣が混む神社としても有名です。

もともとは熱田神社と呼ばれ、祀られている御神体は平家と共に壇ノ浦に沈んだとも言われている三種の神器の一つ「草薙神剣」です。

約19万平方メートルの境内の中には本宮や別宮、8つの摂社、19の末社があり、約1900年以上の歴史を持つ由緒正しき神社なのです。

スポンサーリンク

 

混雑時間

混雑のピーク時間は大晦日12月31日の日付が変わる頃~元旦1月1日深夜3時ごろあたりです。

カウントダウンとともに新年を迎えたあと、そのまま初詣をする方が非常に多いのでこのあたりの時間帯は避けた方が無難です。

ではどの時間帯が比較的人混みが落ち着くかといいますと、ピークを過ぎたあとの1日午前4時~6時前の早朝あたりとなります。

人はそれなりに多いのですが、ピーク時に比べると参拝をスムーズに行うことが出来ます。

絵馬

熱田神社は三が日以降でも参拝しに訪れる人も多いため、1月5日あたりまでは混雑が続きます。

しかしその期間中で出来るだけ混雑を避けたいのであれば、日中ではなく夕方~夜間にかけてのタイミングがおすすめです。

三が日をすぎても人が多い理由は1月5日の「初えびす」というお祭りがあるためです。

商売繁昌・家内安全・漁業豊穣を祈るもので午前0時から行なわれるのですが、毎年多くの人が集まり、4日の23時~5日にかけては初詣とはまた別で大混雑します。

スポンサーリンク

 

アクセス方法

・電車で行く場合は名鉄名古屋本線の神宮前で下車し、徒歩3分の距離にあります。JRだと熱田駅で下車するのですが、少し離れているので徒歩10分ほどかかります。地下鉄の最寄り駅は「神宮西」「伝馬町」です。年末年始は特別ダイヤでの運行となるため、事前に利用鉄道のウェブサイトでの確認が必要です。

道路

・車で行く場合は、通常だと名古屋高速3号大高線呼続出口で下り、国道1号・19号を経由して金山方面へ2㎞です。ただし、1月1日~5日までは熱田神宮の駐車場は閉鎖されるので注意が必要です。近辺の駐車場は全て埋まっているので、駐車場をどこにするかを考えなくてはなりません。また駐車場だけでなく、周辺では交通規制が実施されるため渋滞にも遭いやすくなりますので、出来る限り公共交通機関で行くことをおすすめします。

穴場駐車場

近辺の駐車場はすべて満車と考えますと、少し離れていてかといって遠すぎず歩いて行ける距離の駐車場を利用することがおすすめです。

タイムズコジマ×ビックカメラ熱田店であれば収容台数も多く、24時間出庫可能です。神社までは徒歩20分なのですが、歩けない距離ではありません。

また、いずみパーキング名古屋・熱田観光バス駐車場が1月1日~3日の期間限定で臨時駐車場として開放しているようです。

こちらは事前予約制ですがもし当日に空きがあれば飛び込みでもOKとなっています。

スポンサーリンク