いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

鶴岡八幡宮へ初詣!アクセス方法は?混雑と駐車場も確認

      2016/10/03

鶴岡八幡宮

鎌倉のシンボルともいえる鶴岡八幡宮ですが、その歴史のはじまりは鎌倉幕府を開いた初代将軍源頼朝が、由比ヶ浜の八幡宮を現在の地に移したことからだと言われています。

武士の守護神としても有名で別の名を「鎌倉八幡宮」とも言われています。

800年以上の歴史を持つ、世界的にも有名な流鏑馬(やぶさめ)神事などの催事も行なわれている有名な歴史的観光スポットです。

今現存している本殿は国の重要文化財として指定されているものであり、江戸幕府11代将軍・徳川家斉が造営した代表的な江戸建築としても非常に有名です。

全国でもトップクラスの参拝者数で、例年250万人もの参拝客が訪れています。

鶴岡八幡宮

開運や家内安全、縁結び、厄除けなどにご利益があるといわれています。

また強風で倒れた樹齢1000年の大銀杏が新芽を出し、回復したことから再生のパワーがあるなど、境内にもパワースポットが多く存在しています。

国宝や重要文化財、北条政子の安産祈願にとつくられた段葛、平家と源氏を象徴する源平池などたくさんの見どころがある寺院なのです。

スポンサーリンク

 

混雑時間

通常では参拝出来る時間は6時~20時30分までとなっていますが、初詣の期間、つまり大晦日12月31日~1月3日までは24時間開放されます。

1月4日は0時~21時までの開放で、1月5日以降は通常時間に戻ります。

こちらでは入場規制が行われますので、入場するまでにかなり待たなければなりません。

しかし入場さえ出来れば人でごった返している、というわけではありません。

混雑のピークは大晦日のカウントダウンが始まる頃から、元旦午前3時頃までなので、もしこの時間にどうしても参拝したいのならば、数時間は待つ覚悟でのぞみましょう。

ピーク後の元旦午前4時~6時頃、もしくは1月3日の夕方以降であればそれなりに人は多いのですが、ピーク時よりも比較的落ち着いているのでおすすめです。

スポンサーリンク

 

アクセス方法

  • 電車で行く場合はJR鎌倉駅東口で下車するか、江ノ電鎌倉駅で下車します。いずれの駅で降りても八幡宮までは徒歩10分くらいです。
  • 通常の期間だと駐車場が利用出来ます。料金が1時間600円(2016年現在)の有料駐車場で、約40台停めることが可能です。

しかし、初詣の期間は交通規制により、車での参拝はご遠慮をとのことなので、八幡宮まで車で行って結局参拝できなかった…ということにならないよう注意が必要です。

穴場駐車場

公共交通機関を利用するのが一番ではありますが、どうしても車で行く必要がある場合は、途中まで車で行って公共交通機関に乗り換える手段がおすすめです。

交通規制によって渋滞にも遭いますし、近辺の駐車場もほとんど満車でなかなか参拝までたどりつくことが出来ないからです。

おすすめの駐車場だと、まず横須賀線の大船駅・田浦駅・東逗子駅、もしくは江ノ電の柳小路駅・石上駅付近の駐車場がおすすめです。

そのあたりの駅であれば鎌倉駅までは乗り換えなしで行けるので、あまり負担なく鎌倉まで行くことが出来ます。

スポンサーリンク