いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

2017年の浅草寺での初詣・混雑時間や駐車場は?

      2016/10/02

浅草寺

あの雷門が有名な浅草寺は実は東京都内最古のお寺で、その歴史は飛鳥時代までさかのぼります。

628年、隅田川でとある漁師の兄弟が漁をしていると網に仏像がかかっているのを見つけました。

その兄弟がのちに出家し、自宅を寺にしてその仏像を供養したのが浅草寺の始まりだとされ、その仏像が現在浅草寺で祀られている像であると言われています。

その後、大化元年の645年に勝海上人が観音堂を建立し、平安時代初期には慈覚大師円仁がご本尊を謹刻しました。

鎌倉時代には将軍の篤い帰依を受け、江戸時代には徳川家康に幕府の祈願所と定められるなど、歴史上有名な多くの将軍からの信仰を集めた浅草寺は江戸文化の中心として大きく繁栄し、現在でも多くの人々に親しまれ、年間約3000万人もの参詣者が訪れています。

都内唯一の坂東三十三ケ所観音霊場の札所であり、江戸三十三ケ所観音霊場でもある、由緒ある寺院なのです。

スポンサーリンク

 

混雑時間

浅草寺自体が有名な観光スポットのため、普段からたくさんの人が訪れているわけですが、正月三が日の初詣の参拝者数は約280万人もの人が参拝しに訪れます。

境内には24時間いつでも入ることは出来るのですが、参拝出来る時間は決められており、

  • 晦日12月31日は6時30分~19時まで
  • 1月1日は0時~20時まで
  • 1月2日と3日は6時30分~20時まで
  • 三が日以降は6時~17時までとなっています。

浅草寺

その中でも混雑のピーク時間は大晦日の日付が変わる時間から午前3時頃で、日付が変わるタイミングでの参拝者が非常に多いです。

また、三が日中は10時から17時くらいまでは観光客も参拝しにくるので、相当な混雑が起きます。

なので、人が比較的少ない時間帯を狙うのならば早朝4時~9時あたりに行くのがおすすめです。

スポンサーリンク

 

アクセス方法

近くにそびえるスカイツリーなどで交通機関は充実しており、アクセスはしやすくなっています。

  • 電車で行くのなら東京スカイツリーライン、東京メトロ銀座線、つくばエクスプレス、都営地下鉄浅草線などの各線「浅草駅」で下車すれば徒歩約5分で到着します。
  • バスで行く場合は都営バス「二天門」「浅草雷門」「東部浅草駅」、京成タウンバス「浅草寺北」、台東区循環バスめぐりん「二天門」「浅草寺北」で下車すればOKです。

穴場駐車場

浅草寺
公共交通機関が充実しているので、あまり車で行くことはおすすめしていません。

近辺に、

  • 雷門地下駐車場
  • 松屋浅草パーキングタワー
  • TOBU PARK浅草二天門
  • PARK INN浅草駐車場

などがありますが、やはり人が多い初詣の時期に停める事は難しくなります。

ちなみに浅草寺自体には駐車場はありません。

雷門地下駐車場が広いので比較的停めやすいのですが、もしそちらが満車になっていた場合、意外な穴場駐車場としては浅草ビューホテルの駐車場が挙げられます。

駐車料金が30分500円(2016年現在)とかなり値段が高いので、あまり利用する人が少ないというのが空いている理由なのですが、ホテル内の施設を利用すると数時間無料になるので、レストランで食事などすると良いかもしれません。

スポンサーリンク