いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

おでんが食べたい!それなら静岡おでんフェア2016に行こう!

      2016/02/27

おでん

お茶処でもある静岡にはご当地おでんもあるのです。

特徴的であり、静岡ならではとも言えるでしょう。

静岡では、静岡おでんフェア2016という催しが行われます。

おでん好きには堪らない、そんなイベントになっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

静岡おでんフェア2016は静岡ならでは!

あなたは静岡おでんというものをご存じでしょうか。

静岡おでんは、スープが真っ黒で、おでんのタネにだし粉と青のりをかけるという、静岡のご当地おでんとなっています。

『静岡おでんフェア2016』は、そんな静岡の美味しいおでん店が集結して、様々なスタイル(居酒屋など)でおでんを楽しめるという、静岡ならではのイベントなのです。

静岡だから食べることのできる、黒はんぺんもご賞味ください。

メニュー表

静岡おでんフェア2016はどんな点が特徴?

静岡おでんフェア2016の特徴は、4つのブースから成り立っているという点があります。

まず、ファミリーおでんゾーンは、ご家族が静岡おでんを味わうことのできるゾーンになっています。

そして、屋台おでんゾーンは、昔からあるようなおでんの屋台が出迎えてくれるでしょう。

また、全国おでんゾーンというものもあり、全国各地のおでんを味わうことのできるブースもあるのです。

これまでのフェアでは、青森や沖縄などのおでんが登場したということなので、今年はどんなおでんがやってくるのか、楽しみなところです。

さらに、みんなのおでんゾーンというブースがあるのもポイントです。

地元の学生の方や主婦の皆さんが作られたおでんが食べられるというゾーンです。

スポンサーリンク

 

静岡おでんフェア2016はいつ開催になるの?

静岡おでんフェア2016の開催期間は、2016年3月11日(金)から3月13日(日)です。

ただし、開催時間は、日によって違いがありますので、注意が必要です。

11日は午後4時から9時まで12日は午前10時から午後9時までとなっています。

さらに、13日は午前10時から午後6時までです。

いずれの日も屋台おでんゾーンと全国おでんゾーンは午後7時までの開催となっていますので、覚えておきましょう。

おでん

どこで行われる?どうやって行けばいい?

静岡おでんフェア2016が行われるのは、静岡市の青葉シンボルロードとなっています。

車でご来場になる場合には、東名高速道路の静岡ICより20分ほどで到着できるでしょう。

ただし、専用の駐車場がありませんので、お近くのコインパーキングを利用になると良いでしょう。

30分の駐車で200円というパーキングが多いです。

中心地で開催されることもあり、期間中は混雑が予想されるでしょう。

電車でおいでならば、JR静岡駅から徒歩10分の距離での開催となります。

車でおいでになる場合には駐車場が見つからないということもあり得ますので、電車などで訪れる方法がベストだと思います。

スポンサーリンク