いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

福袋で失敗したくない人へ・オススメのジャンルと選び方

      2016/09/23

福袋

失敗体験談

知り合いの話ですが、何が入っているか事前に分かっているものは買いたくないという人で、昔ながらの「中身は分からないけど絶対にお得ですよ」というものを買った人の話です。

彼女はキッチン雑貨屋さんの福袋を買いました。

5000円で買ったのですが、8000円相当のものが入っているということで、しかも、8000円のものが入っているにしては小さい袋だったし、重かったのでかなり高級なものが入っているに違いないと期待していたそうです。

家に帰って開封してみると…そこには、彼女のセンスとはかけ離れたグラタン皿が1枚と、聞いたことがないメーカーのキッチンスケール、有名メーカーのキッチンバサミが入っていたそうです。

きっと高かったのはハサミだけだと言っていました。

彼女は使い慣れたキッチンバサミを持っていましたし、キッチンスケールも持っていました。

結局それらの品はリサイクルショップ行きとなりました。

このように、欲しいものがあるだろうと目的のお店で買ったとしても、中身を見ることができないので、2つあっても仕方がないようなものが入っている可能性が高いという失敗もあります。

スポンサーリンク

 

オススメのジャンル

間違いの少ないオススメのジャンルは、生活雑貨や洋服です。生活雑貨と言っても、タオルや食器など形やデザインにこだわらなければすぐに使えるというもので、こちらは販売金額以上のものが入っていればそれなりにお得ということですよね。

洋服の場合、好きなブランドの物を選べば使えるものは入っています。

ただ、中身が分からないものの場合、サイズ分けはされていますがデザインや色が「日常的には使えないな…」というものが入っているショップもあります。

部屋着確定!という失敗をしないためにも、洋服の場合は中身が見えるものを選んだ方が良いかもしれませんね。

洋服

コスメについては、数が多く入っていることが多いので、使えそうにない色のものもありますが、使えるものもたくさんあったりするので、こちらもおすすめのジャンルです。

反対にお財布やバッグなどのファッション雑貨は、中身が分からないものの場合あまりオススメではありません。

バッグや財布は人によって使い勝手が違います。

デザインは優れていても使いにくいものならば、良い買い物をしたとは言い難いですから、選ぶときには慎重になりましょう。

スポンサーリンク

 

上手な選び方

どんな福袋がほしいのかをあらかじめ決めておくことが上手な選び方への第一歩です

街を歩いていて勢いで買ってしまうと、中身が分からないものの場合後悔することが多いです。

以前に買ったことがあって、中身が良かったというショップのものなら安心できます。

友人や知人に中身を聞いて、良さそうならチャレンジするという方法も良いですね。

お客様の声

福袋が好きな友人たちと情報交換することは、リスクを少なくする方法でもありますね。

インターネットの情報も参考になります。

毎年、1月の半ばになると口コミが書き込まれ始めますので、来年のためにぜひ目を通しておきましょう。

スポンサーリンク