いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

クリスマスケーキ、いつから予約出来る?ネット、コンビニは?

      2016/09/20

b517d4334b882596fa27860629cad4aa_s_r

クリスマスケーキを予約しよう

お正月に雑煮を食べるようにクリスマスにはケーキを食べないと気分が盛り上がらない、という人も多いでしょう。

一体いつから予約を受け付けているのか、考えてみると案外知らないものです。

年末の事を考えるなんて、まだまだ早いと思っている残暑厳しい9月。

実はそんな時期から予約注文が始まり出すのをご存知でしょうか。

そして秋には多くのお店がネットでも注文出来たりするんです。

何かと忙しい日々を過ごしていればあっという間に12月。

師走の声を聞いた途端、街も世の中も忙しくなって、気が付けば「あー!忘れていた!」という事態になりかねません。

楽しい楽しいイベントだからこそ、メインディッシュを忘れるわけにはいきません。

そんな事態にならないように、今年は慌てて買わない方法を考えませんか。

スポンサーリンク

 

日本と世界のクリスマスケーキの歴史と違い

大手お菓子メーカーが1922年にサンタクロースやイチゴ、チョコレートプレートなどを飾り付けて販売したのが広まっていき、最大のイベントに欠かせないスイーツになったと言われます。

特に信仰心が強い人が始めたというわけでなく、お菓子メーカーが誘発した。

これは、バレンタインデーにチョコレートを贈ることがイベントになった現象によく似ています。

実際にヨーロッパでは同じように食後のデザートとして食べますが、日本のようにデコレーションされたものではありません。

シュトレン

ドイツでは「シュトレン」と呼ばれる生地にドライフルーツやナッツが練り込まれた菓子パンです。

外側は砂糖がまぶしてあるものの、クリームなどは使われていないのが一般的でましてやローソクなど立てる習慣もありません。

フランスでは「ブッシュ・ド・ノエル」と呼ばれる丸太をイメージしたものが主流です。

チョコやココアクリームが使われており、日本でもこの時期によく見かけるので、ブッシュ・ド・ノエルを知っている方も多いでしょう。

イギリスでは「プラム・プディング」と呼ばれるもので一般的なプリンとは大きく違い、ブランデーの炎をまとった黒いかたまりの中には、レーズンや大量のドライフルーツが入っています。

各国とも日本人が思い描くものとはかけ離れています。

スポンサーリンク

 

いつから、どこで注文できるの?

こうして独特の文化で定番化になったのですが、現在ではネットでもコンビニでも買えるようになりました。

ネット注文は早いところで9月中旬~12月中旬。

「早割」、「ポイント加算」、「お得なサービス」などを行っているお店も少なくないので、まだまだ時期じゃないよと思っていてもお得なことが隠れているかもしれないので、情報収集をこまめにしましょう。

コンビニ

さらに近年美味しさを追求しているのが「コンビニ」。

どこも価格も種類もバリエーションが豊富で、様々なシチュエーションに対応しています。

また有名パティシエ監修のものやアイスクリームもあって、どれにしようか贅沢な悩みを楽しめます。

またコンビニでも早めの注文で値引きシステムなどを取り入れているお店もあります。

待ち遠しいイベントを早くから楽しむ。

指折り数えて待つのもクリスマスケーキの新しい楽しみ方です。

スポンサーリンク