いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

年末の大掃除のスケジュール(順番)のコツは?

      2016/09/19

年末の大掃除

何をするのかをピックアップすることから

いつ頃からスケジュールを立てるかによって大掃除がスムーズに完了するかが決まります。

コツは早めの計画と実施です。

年末の数日間でやり遂げるイメージがありますが、忙しい現代人にとってお正月前の休みはとても貴重なもの。

家族総出で掃除をすると言っても結局はお母さんひとりの負担になってしまうこともしばしばあります。

それならば家族全員に余裕を持って割り振ればいいのです。

そのためには、どこを掃除するのかを決めましょう。

普段掃除が行き届かないところをまとめて掃除できるチャンスです。

私の場合は、一人身ですが実家暮らしなので、母と相談しながら今年は何をするのかを決めています。

参考までに、我が家の場合昨年は、「窓掃除・庭の草抜きと庭木の剪定・エアコン掃除・バルコニーの掃除・下駄箱の大掃除」を私が担当しました。

ずいぶんたくさんあるように思われるかもしれませんが、12月に入ってからすぐにエアコンとバルコニー、下駄箱は済ませました。

土日休みの土曜日だけで終わりましたよ。

スポンサーリンク

 

早めに済ませておくこと

12月に入ってしなければいけないということもなく、11月に始めても良いのです。

ただ、あまりに早いと新年を迎えるころにはすっかり汚れていて気分が良くなかったという結果にもなりますので、何を早く済ませて何をぎりぎりに残しておくかをきちんと見極めることが大切ですよね。

冬ですから、庭のことは早めに始めておいても良いかと思います。

エアコン

そして、エアコンもこれから暖房を使う機会が増えてくるという時期ですから、年の瀬まで置いておくのではなくエアコンを長持ちさせるためにも12月の初めには済ませておいても良いと思い、私は早めに済ませました。

バルコニーは狭いのですぐに終わりましたが、普段はほとんど掃除しないのでなかなか骨の折れる作業でした。

下駄箱は両親と私だけしか使わないのでそんなに汚れてはいませんので早めに済ませましたが、すぐに散らかってしまうというご家庭では年末ぎりぎりにサッと済ませる方が良いのかもしれません。

その前に履かなくなった靴などを処分しておくと作業がはかどります。

窓の掃除は人それぞれですね。

早く済ませるという人もいれば、29日にすると決めている人もいます。

海の近くや道路の近くでは窓が汚れやすいので、年の瀬にスッキリさせる方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

年末に家族総出でする掃除

家族の役割分担を決めることもスムーズに終わらせるコツです。

子どもたちには、自分の部屋のすべてを担当させるといいのではないでしょうか。

私も小さい頃は妹と二人でそれぞれの部屋を行き来しながら大掃除をしたものです。

ガスコンロ清掃

力仕事や庭仕事は男性にお任せしてはいかがですか?キッチン周りは料理を担当するお母さんの持ち場で。

我が家の場合、玄関周りも私と妹の担当でした。

私たちが綺麗にするのを父親が待っていて、綺麗になったところでお飾りをつけてくれるのが好きでした。

役割分担と順番を決めて、各自が最後まで責任を持ってやり遂げる。

達成感は子供にとっても大切なものなので、役割分担はとても良い事ではないでしょうか。

スポンサーリンク