いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

大掃除で活用したいクエン酸の使い方と効果・注意点

      2016/09/18

スプレー

クエン酸の効果とは

クエン酸はあらゆる場所の大掃除に大変便利に使えるアイテムです。

身近な物では「お酢」や「レモン」に含まれていることで知られていますが、掃除用として粉末のクエン酸もドラッグストアなどに売られています。

私はわざわざそれを買いに行くのが面倒なのでお酢で代用しています。

なぜ掃除に使えるのかというと、中学校の時に習った「酸性・中性・アルカリ性」という物質の性質を生かせるアイテムだからです。

酸と名前につくことからも分かるように、酸性ですから中性やアルカリ性の汚れを浮かせて落とすのに大活躍なのです。

中性やアルカリ性の汚れが集中する場所といえば、トイレやお風呂などの水廻りです。

トイレで匂いの原因となるアンモニアはアルカリ性で、酸の効果でしっかりと中和させて落とすことができるのです。

お風呂や洗面所の鏡や水栓に付着するカルキの汚れや水垢も酸で良く落ちることが知られています。

ただし、大理石は酸性で変色することがありますので、キッチンのカウンターやお風呂など大理石が使われているところには絶対に使ってはいけないので覚えておいて下さいね。

スポンサーリンク

 

色々な使い方

お酢と水を半々くらいで割ってスプレーボトルに入れておき、トイレとキッチンに常備しています。

お酢には殺菌効果がありますので、殺菌の意味も込めて掃除に使っているのです。

しばらくお酢の匂いがしますが、すぐに分からなくなりますので大丈夫です。

小さなお子さんが触ってしまう部分などにはお酢のほうが安全ですからオススメですよ。

キッチンではまな板を使う前にシュッとスプレーしています。

酢

これも殺菌を期待してのことです。包丁にもシュッとしますが数秒待って洗い流します。

酸ですから錆びの原因になるといけませんので。

お風呂の鏡のうろこ状の跡は、キッチンペーパーで1時間くらいお酢パックをしてからタワシでこすっています。

水栓金具などにはパックするのは怖いので私はやっていませんが、酢をスプレーしてこすり、すぐに流すだけでも白い模様が薄くなっていますよ。

スポンサーリンク

 

使う時の注意点

まず基本的なことですが、目に入るととても痛いです。

大量に入った場合病院に行ったほうがいいそうですが、少しの場合なら洗い流すだけでも大丈夫です。

ただ、痛さはすさまじいのでスプレーなどをする時にはメガネをかけて使っています

あと、ナチュラルな素材だからといって手荒れを起こさないということもありません。

台所掃除

皮膚は酸性かアルカリ性に強く傾くほど荒れやすくなるそうで、重曹(アルカリ性)でも酸性のお酢でも手に残ったままにしていると皮がむけたり痒みを引き起こしたりと手荒れが始まります。

気になる人や長時間使う人などはゴム手袋をしてくださいね

塩素系の洗剤(漂白剤)と混ぜると有毒ガスが発生するので、漂白剤を使っている場所での使用も避けてください。

少量なら吸い込んでも咳き込むくらいですので、酸だからといって使い方が難しいわけではありませんが、より安全に使っていただきたいのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク