いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

忘年会の1000円以下のオススメな景品とは?

      2016/09/17

ビンゴゲーム

実用品から選ぶ場合

1000円以下の品物で実用品から選ぶ場合、誰に景品がわたっても大丈夫なように文房具やデスク周りで使えるものがいいでしょう。

柄を選ばないシンプルなタオルハンカチも良いですね。

ただ、ゲームなどで当たるプレゼントとしての性質を持っているものですから、シンプルすぎる黒のボールペンではあまり喜ばれないかもしれませんので、使いやすい多色ボールペンやグリップの柔らかいシャープペンシル、手帳に挟んで持ち歩けるスリムなボールペンなど、自分では欲しくてもなかなか買わないというものをチョイスする方が良いでしょう。

パソコンを使う職場であれば、パソコンに貼れる付箋メモやコードクリップもオススメです。

クリアファイル

書類が溜まりがちな職場であれば、おしゃれなクリップやクリアファイルなども良いですね。

自分が貰ったら少しうれしいかも・・・という視点で選ぶと大きな間違いはありませんよ。

小さな観賞植物も、もし職場におけない場合も自宅に置いてもらえるので良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

大人のジョークで選ぶ場合

もらった景品を開封した時、喜びよりも先に笑ってしまう、そんな品物を選ぶのも面白いと思います。

例えば、メッセージ付箋メモ。ただのメッセージではなく、思わず吹き出してしまうようなメッセージがあらかじめ印刷されている付箋です。

カジュアルな間柄でないと使えないので使用には注意が必要になります。

インターネットで色々と検索していると、付箋なのですが、「メモの燃えカス」のようなデザインの付箋を見つけました。

何か書類を燃やしてしまった切れ端のように焦げ目や変色がとてもリアルで相手をドキッとさせる効果は絶大です。

プレゼントの専門店なら、文具だけでなく、水をやると頭から目が出るぬいぐるみや、婚姻届に似せたプリントのクリアファイル、金庫のダイヤルに似せたキッチンタイマーなど、遊び心満載の品も1000円以内の予算で色々と揃えることができますよ。

スポンサーリンク

 

上司や役員でも失礼の無い景品

会社の忘年会の場合、お堅い立場の人たちも参加していることもあるでしょう。

プレゼントが当たるゲームなどを企画する時、プレゼント選びに一番困るのは、いろんな立場の人が混在してゲームなどを行う場合ですよね。

予算が決まっているので豪華なプレゼントが選べないのは仕方がないとしても、立場が上の人たちに渡っても失礼の無いプレゼントを選ばなければいけません。

そればかりを気にして無難なハンカチや文房具などでは面白くありませんから、失礼の無いぎりぎりのものを選ぶようにしましょうね。

計算機

1年の労をねぎらう為の会ですから、ジョークのきついプレゼントを手にして怒る上司はいないと思いますが、社会人としての最低限のマナーは守ることは大切です。

また、上司でなくても、参加している人の職種や性別もばらばらな場合、皆さんへの配慮が必要になりますね。

少し面倒に感じるときは、お菓子などの消耗品も無難ですが意外と喜ばれます。

焼き菓子の詰め合わせなどは1000円以内で品数多く詰めることができますので、見栄えもいいですよ。

スポンサーリンク