いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

喪中の時のお歳暮は出していいのか?時期・のし・送り方・送り状は?

      2016/09/11

お歳暮

12月と言えばお歳暮の時期ですよね。お世話になった人にはお歳暮を贈っていることでしょう。

しかし、相手が喪中の時にもお歳暮は贈ってもいいのでしょうか?

お歳暮の送り方の礼儀について紹介します。

スポンサーリンク

 

喪中の人にお歳暮はOK?

喪中だと分かっている相手に日頃からお世話になっているからと言ってお歳暮を贈ってもいいのでしょうか?

もちろん問題はありません。

お歳暮は日頃からお世話になっていることに対するお礼を込めて送りますから、相手が喪中であろうと問題はありません。

ただし相手が四十九日も明けていないような場合は、四十九日以降にお歳暮を送りましょう。

四十九日が明けるのを待っていたらお歳暮の時期が過ぎてしまうと言うのであれば、わざわざお歳暮の時期に送る必要はありません。

この場合には、年が明けてから寒中見舞いとして贈り物を送りましょう。

ちなみに寒中見舞いを送る場合には1月8日から2月3日に送ります。

お歳暮ののしは?

お歳暮を贈る時にのしをしてもらう場合は、紅白の水引が一般的です。

ただし、相手が喪中と分かっている場合は紅白の水引は適しません。

ではのしは必要ないのでしょうか。

のしをせずにお歳暮を贈ることも可能ですが、お歳暮を購入するお店に相手が喪中であることを伝えると、喪中用ののしをつけてくれます。

スポンサーリンク

 

喪中の相手への送り状の書き方は?

喪中の相手にお歳暮を贈る場合には、送り状をつけましょう。

喪中の相手だけではなく、お歳暮を贈る場合には、品物だけを送るのではなく送り状をつけて送れば、礼儀正しい人だと印象付けられます。

そのため郵送の際は、品物だけが相手のもとに届かないよう、送り状を必ず添えて下さい。

品物と送り状を別々にして郵送する時は、同じ日に届くように手配をしましょう。

それが難しい場合は、送り状が先に届くよう準備して下さい。

くれぐれも品物だけが先に届かないようにしましょう。

送り状

通常送り状には「時候の挨拶」「1年間お世話になったことに対するお礼」「来年のお付き合いに願う言葉」などを書きます。

相手が喪中の場合でも基本的な文面は通常の場合と変わらなくていいでしょう。

お歳暮は、その年一年の感謝の気持ちと敬意を込めて贈る、季節の贈り物ですから時候は忘れずに書き添えましょう。

お歳暮を贈る時期は、12月初旬~20日頃までが一般的とされています。

喪中の場合の相手に送るのもその時期がベストです。

ただし、品物によっては発送が遅れることもあるでしょう。

また、その他の事情により時期をずらす場合などは、慌しい年末は避けましょう。忙しい時期に荷物が届いてもあわただしさを相手に増やすだけです。

それよりも忙しい時期をあえて外して、年明けに「御年賀」として送ったほうが気が利いています。

送り状の書き方の例

年の瀬もいよいよ押し詰まり、何かとご多忙の日々をお過ごしのことと存じます。

日頃は、公私に亘り多大なるご配慮にあずかり、心より御礼申し上げます。

つきましては、心ばかりの品をお送りいたしましたので、ご笑納いただければ幸甚に存じます。

来年も変わらぬご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク