いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

秋と言えば食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋など!由来は?

      2016/08/14

秋

秋と言えば食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋など。

「~の秋」と言われますが、他の季節には無い言い方ですよね。

なぜ秋には色々な言われ方があるのでしょう。

徹底的に調べてみました。

スポンサーリンク

 

食欲の秋は

秋にはおいしいものがたくさんあります。

お米も秋に実りますし、野菜や果物なども多くとれます。

また味覚の秋とも言われますし、1年の中で最もおいしいものがたくさん食べられる季節が秋です。

今では1年中色々な食べ物が食べられますが、やはりその季節の旬のものになると秋が一番多くあります。

秋になると冬眠をする動物は食べ物を貯め込みますが、これは冬眠のためにエネルギーを貯め込んでいるのです。

人間も本能的に寒い冬が近づいてくるとエネルギーを貯めて置かなければならないと思うので秋には食欲が増すのです。

秋の食べ物

読書の秋は

秋には夏のような暑さがひと段落します。

夜も大変過ごしやすく、落ち着いて過ごすことができます。

人が集中力が高まるのは18度前後と言われますが、秋の気候がまさにこの温度です。

そのため読書をするのに最適な季節と言われるようになったのです。

古代中国の詩でも「秋は過ごしやすい季節だから夜には明かりを灯して読書をしよう」という意味の歌が記されています。

この歌も読書の秋と言われる由来となったと言われています。

スポンサーリンク

 

スポーツの秋は

東京オリンピックがスポーツの秋と言われるようになった由来です。

秋はもともと過ごしやすい気候なので体を動かすのにも最適です。

そのため運動会といえば秋に開催されていました。

ただ、最近は秋と言えども日差しが強かったり、秋には色々な行事が重なると言うことで春に運動会を開催するところも増えてきています。

東京オリンピック後に体育の日を10月10日に制定したこともスポーツの秋と言われるきっかけとなっています。

芸術の秋

秋は気候も良く、物事に集中して取り組むのに良い時期なので、芸術に親しむのにも良いだろうと言うことで、芸術の秋とも言われています。

二科展や日展、院展など、美術の公募が行われるのも秋に集中していることも一つのきっかけとなっています。

さらに行楽の秋も!

行楽の秋
さらに行楽の秋とも言われますよね。

秋には紅葉のきれいな時期でもありますし、旅行をするにも適した気候ですから、遠出をしようとする人が増えます。

そのため行楽地は多くの人で溢れかえるほどです。

お出かけにピッタリの季節なので行楽の秋と言われるようになったのです。

やはりどうせ出かけるのなら気候の良い時期に行きたいですもんね。

 

秋はやはり気候もいいですし、お出かけにはぴったりの時期です。

体を軽く動かしてもすがすがしい時期ですからリフレッシュには最適ですね。

友人や家族、恋人と一緒に外に出かけていきましょう。

しっかりと体を動かした後はおいしい秋の食べ物でお腹を満たしたいですね。

またのんびりと家で過ごすのもいいですね。

好きな本や音楽を聞きながら自宅でのんびりとした時間をすごすのもいいですね。

スポンサーリンク