いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

秋の味覚鮭を使ったカロリーを抑えたレシピを紹介!フライパン一つで簡単

      2016/08/13

鮭

秋の味覚の一つである鮭はおいしいですよね。

しかも美容にも優れていると知っていましたか?

鮭には赤い身の部分に「アスタキサンチン」という成分が含まれています。

この成分には抗酸化作用があるので、肌の老化を防いでくれます。

さらに美白効果や肌に張りを出す効果もあるので、積極的に食べたい食材の一つです。

スポンサーリンク

 

鮭のカロリーは

鮭はそれほどカロリーが高い食材ではありません。

塩焼きした鮭は100gあたり約127kcalほどになります。

ダイエット中は鮭の皮にカロリーが多くあると思い、皮を残す人が多いですが、鮭の皮にはDHA、EPAが豊富に含まれています。

鮭の皮は残したり取り除いたりせずに積極的に食べましょう。

カリカリに皮を焼くと皮が苦手な人でもおいしく食べられます。

調味料は要注意

美容に良いとされる鮭は積極的に摂りたい食材ですが、ダイエット中なら少しでもカロリーを抑えたレシピで料理を作りたいと思うでしょう。

魚ですから肉と違って食べ過ぎても脂肪が付き過ぎることはありませんが、調味料をたくさん使うことでカロリーが高くなってしまう場合があります。

塩焼きにするだけなら、調味料も塩しか使わないのでカロリーもそれほど気になりませんが、砂糖やみりん、酒などの調味料を使って照り焼きにするとカロリーは大幅にアップしますから気をつけましょう。

スポンサーリンク

 

鮭のカロリーオフレシピ

カロリーを抑えたレシピを紹介します。
「きのこバター醤油の秋鮭ソテー」

  1. まず、鮭を一口大の大きさにカットします。うすくち醤油大さじ1を鮭にもみ込んで15分付け込んで味をなじませます。
  2. 中火で加熱し温めておいたフライパンに油をひいてから、みじん切りしたたまねぎを中火でしっかりと炒めます。たまねぎに火が通ったら、しめじの石づきをカットして食べやすい大きさに分けたしめじを炒めて取り出します。
  3. まず生鮭に小麦粉をまぶします。その後中火で加熱しておいたフライパンに油をひきソテーをします。こんがりとした焼き色が表面についたら玉ねぎとシメジを加えて醤油とバターを加えてフライパンでソテーをします。食べやすい大きさに切っておいたネギを散らして完成です。

鮭料理

この他にも

鮭の南蛮漬けは、魚を油で揚げずにフライパンで焼けば、カロリーを大幅にカットすることができます。

さらに甘酢に砂糖を使うところをみりんにすればカロリーをさらにカットできますよ。

フライパン一つでかんたんに作れますし、日持ちもするおかずなので多めに作ってみてはいかがでしょうか。

 

蒸し焼きもおススメです。

フライパンにキャベツや玉ねぎなどの野菜を敷いた上に鮭を載せて蓋をして蒸し焼きにすれば完成です。

ポン酢などにつけて食べればさっぱりとおいしいですよ。

 

鮭は低カロリーな上、良質なタンパク質やコレステロールを抑制させることができる、DHAやEPAなど豊富な栄養素が多く含まれていますし、アンチエイジングにも効果があります。低カロリーの簡単メニューを覚えて積極的に食べていきたいですね。

スポンサーリンク