いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

「さが(SAGA)に恋にしよう」サガ・ライトファンタジー2016年

      2016/08/08

イルミネーション

イメージ

サガ・ライトファンタジー、その見所は?

佐賀県は世界でも有数のバルーンフェスティバルが行われる事が有名ですが、最近もう一つ佐賀が全国に誇るイベントとして、佐賀市の市街中心地を170万球のLEDライトで彩るサガ・ライトファンタジーが話題になり始めています。

このサガ・ライトファンタジーは佐賀市内の中央大通りに1.2kmを幻想的なスポット電飾や店舗の電飾を含め、多くの電飾を使って作った光のオブジェなどを作り上げ、神秘的な雰囲気を作り出します。

「さが(SAGA)に恋しよう」というコンセプトで恋人同士はもちろん、家族づれなどが楽しめるように始めたものです。

今では佐賀市内の人たちだけでなく福岡や長崎からも多くの人たちが訪れています。

電飾を使って色あざやかでありながら、幻想的な光に包まれたさまざまな光の嵐が町を覆います。

スポンサーリンク

 

サガ・ライトファンタジー、その時期と混雑具合は?

このサガ・ライトファンタジーは通常秋の中ごろから翌年にかけて行われ、2016年度は10月28日(金)に始まり翌年の1月9日(月、祝)にかけて開催されます。

イルミネーションの点灯時間は毎日夕方5時から深夜0時まで。

週末にはいろいろなイベントが計画されておりかなりの混雑が予想されます。

イルミネーションを点灯する時間はイベントによって変更されることも多くあるようです。

佐賀県民、近県からも多くの人たちがこの光のオブジェや、170万個ものLED電球が描き出す幻想的な景色を楽しみに来ます。

デートコースとしても良く知られており、平日でも中心でもある1.2km中央通、佐賀駅南口駅前広場や唐人町まちかど広場などは多くのカップルでにぎわいます。

このサガ・ライトファンタジーは、もともと世界中から参加者が訪れる佐賀インターナショナルバルーンフェスタの幕明けに合わせて、行われるようになりました。

バルーンの炎とLED電球の光との競演で、3万5千人という人たちが来場しています。

LED電球の色は青や赤、それにピンクや白と色とりどりに光のオブジェや、光を使ったチャペルも登場しています。

10月末にあるハロウィンイベントでは魔女やゾンビ、それぞれが好きなキャラクターに扮した人たちがパレードをおこない、会場は笑いの渦に包まれています。

スポンサーリンク

 

サガ・ライトファンタジー、アクセス方法と駐車場

10月末から翌年にかけてのサガ・ライトファンタジーの開催中は、佐賀駅南口を中心とした駅前まちかど広場や土橋付近などといった市内のいたる所で光の祭典を楽しむことが出来ますが、メインは1.2kmにわたる中央大通りと言えるでしょう。
アクセスは,

・JR佐賀駅から徒歩1分。

・車で行く場合には長崎道、佐賀大和インターから車で20分という位置にあります。会場近くには駐車場がありますが、有料になります。

イルミネーション

イメージ

週末、またはイベントが計画されている日には混雑が予想されます。

時間に余裕を持っていくようにしましょう。

スポンサーリンク