いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

高原が黄金色に染まる2016年の八千穂高原の紅葉の見頃時期は?

      2016/07/30

八千穂高原の紅葉

八千穂高原の紅葉、その見所は?

北八ヶ岳の東麓に広がる広大な手づかずの大自然が残っている高原が八千穂高原です。

この八千穂高原は敷地内に生息している50万本の白樺林がとても有名です。

この八千穂高原は年間を通してこの有名な白樺林をはじめ、ヤマツツジなどが群生しており、またシラレテオリ、クリンソウやベニバナイチヤクソウなどの野草とミズナラやカラマツの緑とのコントラストが美しくそれぞれの季節を彩ります。

秋の紅葉も大変きれいです。

白樺とカラマツが高原一面を黄金色に変えていき、その美しさは多くの写真家が訪れ、そのすばらしさを画像として収めています。

八千穂高原には大石川の源流でもある白駒の池があり、コケと原生林が広がる神秘的なところです。

秋の紅葉を楽しむにはこの湖の周りを回る散策路や白樺の中にある遊歩道を通れば、鮮やかな色の紅葉を楽しみながら森林浴も行うことが可能です。

また白樺林に囲まれているキャンプ場に泊まれば、満天の星、月明かりの中での幻想的な白樺と紅葉のコントラストの中に身をおく事ができます。

スポンサーリンク

 

八千穂高原の紅葉、その見ごろは?

八千穂高原では白樺をはじめ、カエデやサラサドウダン、ナナカマド、カラマツといった、秋になると葉っぱの色を変える植物が多くあります。

それぞれの木が色づいてくるのは9月の中頃ですが、紅葉のピークとされているのは10月の中頃から末までです。

10月半ばに長野県佐久穂町商工会青年部が中心になって行う、紅葉祭が八千穂レイク交流広場で行われます。

紅葉の赤い葉の色と白樺、そして湖といった自然の美しさの中で行われるすばらしいイベントです。

スポンサーリンク

 

八千穂高原の紅葉、アクセスの方法は?

アクセス方法は、

・八千穂高原はJR谷千穂駅から麦草峠行き千曲バスで白駒線まで約40分。またはJR北陸新幹線佐久平駅から麦草峠行きバスで約1時間20分という立地です。

・車で行く場合は中部横断道、佐久南インターから国道141号、299号と乗り換え約40分、または中央道長さかインターから国道141号、299号(メルヘン街道)を使って約1時間25分で八千穂高原まで行くことができます。ただしこの八千穂高原自然園の駐車場は普通車が50台、大型車が5台となっています。

282afbe9503534d178d85aa012f9f501_s_R

八千穂高原自然園への入園金は大人300円、子供150円、入園時間は朝8時半から午後5時までになっています。

秋の紅葉時には色とりどりの自然を楽しむだけでなく、スキー場のそばにあるペンションなどに宿泊することもできます。

またこの八千穂高原にある白樺林は2006年に恋人聖地のプロジェクトによって恋人の聖地として認定されています。

東京から日帰りドライブで紅葉を楽しめる立地からも、多くのカップルがデートで訪れています。

また蓼科温泉、稲子湯温泉にも近く家族での温泉旅行として紅葉を楽しむ人たちもいます。

標高が高い高原になっているために夏でも気温があまりあがりません。

都会の暑苦しさから涼を求めて避暑に来る人たちも多く、別荘地としても有名です。

スポンサーリンク