いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

気温の差が生み出す八甲田山の2016年紅葉、見ごろ時期は?

      2016/07/28

八甲田山の紅葉

八甲田山の紅葉、その見所は?

八甲田山は日本でも有数の紅葉が楽しめる所として知られています。

八甲田山は青森市の南側にある複数の火山によって作られている火山群の名称で、日本百名山のひとつでもあるとか。

したがって八甲田という山があるわけではありません。

八甲田山の紅葉の醍醐味は標高1584mの山頂近くまでロープウェイを使って上り、頂上から八甲田ゴールドラインという自然遊歩道を通って、ブナやナラ、カエデといった紅葉を肌で感じながら楽しめる事です。

山頂に至るまでのロープウェイの中からも赤や黄色といった色とり取りの華やかさを堪能でき、その景色には絶景だと言われているようです。

山頂からは山の紅葉に加え青森市街、下北半島から津軽半島、それに岩木山も見晴らすことができます。

山頂付近にある田茂萢岳一帯には高山植物の宝庫となっていて池や沼の間を歩きながら紅葉と観光がいっぺんに楽しめるお得感があります。

スポンサーリンク

 

八甲田山の紅葉、いつが見ごろ?

八甲田山はその昔日露戦争への訓練時に多くの死者を出した厳しい山でもあります。

気温の差が激しくそれだけに紅葉する葉っぱも鮮明できれいな色を作り出しているようです。

毎年紅葉が始まり、木々の葉っぱがいろつき始めるのが9月の初め頃、東京ではまだまだ残暑が厳しいときですね。

八甲田山の紅葉

八甲田山の紅葉の見所は10月上旬から10月中頃で、紅葉する葉っぱの種類はブナ、ナラ、カエデ、ダケカンバなど。シーズンの終わりとも言える10月終わりから11月にかけては初雪が降ることもあり、白い雪と鮮やかな紅葉のコントラストは息を飲む美しさです。

ロープウェイで上った山頂からは360度のパノラマで紅葉を楽しむことができ、デートコースとしても有名だと。相手がいれば一緒に行ってみたいですね。

スポンサーリンク

 

八甲田山の紅葉、そのアクセス方法、駐車場

八甲田山自体としては紅葉の特別なイベントは行っていません。

しかし火山帯地域であるために近くに温泉が多く、温泉と紅葉を楽しみたいという人が多く訪れます。

週末は混み合うこともあるので、車で行く人はちょっと注意が必要かもしれません。

この八甲田山、ロープウェイ乗り場までのアクセスに関して青森自動車道、青森中央インターから国道183号線で35分ほど、東北自動車道黒石インターから394号線で同じく35分ほどでロープウェイ乗り場に到着します。

しかし紅葉の時期は混み合うために時間に余裕を持って出かけたほうが良いようです。

駐車場は350台分用意され無料です。

八甲田山の紅葉

 

公共の交通機関を使う場合にはJR青森駅から十和田湖方面に行くJRバスです。

または酸ヶ湯と田代高原の間では紅葉の季節になると無料のシャトルバスが運行され、これを使って八甲田ロープウェー乗り場まで行くことができます。

シャトルバスについては事前に問い合わせをして確認するほうがいいでしょう。

ロープウェイの料金は往復で中学生以上が1850円、子供が870円、小学生未満は無料です。

スポンサーリンク