いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

京都イルミエール2016の日程と見どころや混雑状況は?

      2016/07/26

京都イルミエールのイルミネーション

2012年から始まり、今年で5年目を迎える京都イルミエールは、関西最大級のイルミネーションスポットです。

京都府南丹市園部町の山中にあるるり渓の豊かな自然の中に突如現れる幻想的な世界。

それが京都イルミエールです。

京都府内では人気No.1のイルミネーションスポットでもあるこの京都イルミエールの見どころと混雑状況をご紹介します。

スポンサーリンク

 

京都イルミエールの開催期間は?

京都イルミエールは毎年10月下旬から翌年の4月上旬までという長期間開催されています。

普通イルミネーションというとクリスマスシーズンや冬だけというイベントが多いのですが、暖かくなってからもイルミネーションが楽しめるのはうれしいですね。

京都イルミエールのイルミネーション
2016年の開催期間はまだ発表されていませんが、2015年は10月31日から4月3日までの開催でした。

おそらく2016年も同じような日程になるでしょう。

京都イルミエールの会場となるるり渓温泉ポテポテパークの営業時間は16:30~21:00まで、ライトアップは日没後になります。

日没時刻に伴って点灯時間が変わることもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

 

■京都イルミエールの見どころは?

京都イルミエールの見どころは、メインツリー、誓いの展望台、奇跡のオーロラ、3Dプロジェクションマッピング、ロイヤルウェディングを彩った音と光の魔法の5つのエリアでそれぞれに違った表情を見せるイルミネーションです。

雪と星、そしてイルミネーションのコラボレーションが楽しめるのは、大自然の中で開催されるこの京都イルミエールならではの魅力でしょう。

毎年違ったテーマで表現される京都イルミエールのイルミネーション、2015年は「天空の森 繋がる輪」をテーマに約100万球にも及ぶイルミネーションが創りあげた幻想的な世界が展開されました。

京都イルミエールのイルミネーション

特に2015年の見どころは3Dプロジェクションマッピング。

ディズニーで広く人気を得たスペシャリストが手掛けた映像マジックによって、イルミネーションとオーロラの二重奏が奏でられました。

そして絶対に見逃せないビッグイベントが打ち上げ花火。

12/31のカウントダウン、2/14のバレンタインデー、3/14のホワイトデーには華やかなイルミネーションの世界を打ち上げ花火がより一層美しく彩ります。

2016年のイベント情報はまだ公表されていませんが、どのようなサプライズイベントが開催されるのか今から楽しみですね。

京都イルミエールのイルミネーション

京都イルミエールの混雑状況は?

関西最大級のイルミネーションスポットだけあって、休日や休日前、クリスマスなどのイベントシーズンはかなりの混雑となります。

特に気を付けなければいけないのが、チケットの購入と車での来場です。

会場への入場はチケット制なので、混雑時期のさらにライトアップ直前ともなればチケットの購入に長蛇の列ができます。

京都イルミエールのイルミネーション

また、車で来場した際に営業時間ギリギリまでいてしまうと、帰りの道路が1時間を超す大渋滞になることも珍しくはありません。

公共交通機関を利用する、チケットは前売り券を購入する、早めに来場し早めに帰宅する、といったことに気を付ければ、快適にイルミネーションを満喫することができるでしょう。

スポンサーリンク