いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

大阪・光の饗宴2016年の日程と見どころや混雑状況は?

      2016/07/26

光の饗宴イルミネーション

大阪・光の饗宴は、2013年に「水と光の首都大阪」の実現を目指して始まったイルミネーションイベントです。

大阪の中心を走る御堂筋、そして中之島を中心として大阪の各所が鮮やかなイルミネーションでライトアップされます。

大阪・光の饗宴2016は「御堂筋イルミネーション2016」と「OSAKA 光のルネサンス2016」をコアプログラムに開催されます。

昨年は国内外から1,000万人近い観客が訪れたこのイベント、2016年の見どころや混雑状況についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

大阪・光の饗宴2016の開催期間は?

大阪・光の饗宴は毎年11月下旬から翌年1月上旬まで開催されます。

2016年の開催期間は11月20日から翌年の1月9日までです。

プログラムによって開催期間やライトアップ時間が異なるので、注意しましょう。

光の饗宴イルミネーション

大阪市役所周辺から中之島公園を中心に行われるOSAKA 光のルネサンスは、12月14日から12月25日までの17:00から22:00まで、御堂筋を中心に行われる御堂筋イルミネーション2016は、11月20日から翌年1月9日の17:00頃から23:00までがライトアップ時間です。

スポンサーリンク

 

大阪・光の饗宴2016の見どころは?

大阪・光の饗宴2016のプログラムはまだ明らかになっていないので、ここでは昨年の見どころをご紹介します。

大阪・光の饗宴最大の見どころといえば、阪神前交差点にはじまり難波西口交差点までの全長約4kmの区間にも及ぶ街路樹のイルミネーション、「御堂筋イルミネーション」です。

御堂筋イルミネーション自体は2009年から始まり、2015年1月には「最も多く街路樹にイルミネーションを施した通り」としてギネスにも認定されたほどです。

エリアごとに4色の春夏秋冬を表現したイルミネーションが施されており、歩きながら四季の移ろいを感じることができます。

光の饗宴イルミネーション

大阪・光の饗宴のもう一つのコアプログラムであるOSAKA 光のルネサンスは、中之島で行われる光のアートフェスティバルです。

創立してから100年以上という歴史のある大阪府立中之島図書館の正面壁面とスクリーンにしたプロジェクトマッピングは圧倒的なスケールと、音と光の融合によって観客を幻想の世界へと連れ出してくれます。

大阪・光の饗宴2016の混雑状況は?

毎年来訪者を増やし、昨年には1,000万人近い来訪者を迎えたともいわれる大阪・光の饗宴、今年はどれほどの混雑が予想されるでしょうか。

毎年混雑のピークを迎えるのはやはりクリスマスの12月24日、25日です。この日にはなかなかゆっくりイルミネーションを楽しむ、というのは難しいかもしれません。

次に多くの来訪者が集まるのがお正月の1月1日から1月3日でしょう。

ゆっくりとイルミネーションを楽しむのであれば、おすすめは12月の上旬です。

学生はまだ冬休みが始まっていないので、ピークに比べればだいぶ人出は少ないでしょう。

ただし、この時期は大阪光のルネサンスがまだ始まっていないため、二つのコアプログラムを両方楽しみたいという方はやはり12月中旬以降の平日がおすすめです。

スポンサーリンク