いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

昭和記念公園WinterVistaIllumination2016の見どころや混雑状況は?

      2016/09/07

昭和記念公園WinterVistaIllumination

広々とした敷地に豊かな緑が広がる東京のオアシス、昭和記念公園。

その昭和記念公園が幻想的な光に包まれる冬の一大イベントが昭和記念公園 Winter Vista Illuminationです。

都内でもかなり人気のクリスマスデートスポットでもあるこの昭和記念公園 Winter Vista Illuminationの見どころや混雑状況についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

昭和記念公園 Winter Vista Illuminationの開催期間は?

昭和記念公園 Winter Vista Illuminationは毎年クリスマスシーズンに開催されます。

2016年のイベントスケジュールはまだ発表されていませんが、2015年は12月5日から12月27日まで開催されていました。

昭和記念公園WinterVistaIllumination

昭和記念公園の開園時間は、通常時であれば9:30から春・夏のシーズンでも18:00までですが、Winter Vista Illuminationのシーズンは17:00から21:00まで夜間特別開園され、ライトアップされた園内を周遊することができます。

また、12月24日、25日には花火大会も開催されます。

約300発の花火が5分間打ち上げられるこのイベント、イルミネーションと冬の花火のコレボレーションは一見の価値ありです。

スポンサーリンク

 

昭和記念公園 Winter Vista Illuminationの見どころは?

昭和記念公園 Winter Vista Illuminationは数々のイルミネーションランキングにも選ばれている人気のイルミネーションスポットです。

毎年テーマに沿ったイルミネーションが広大な敷地を色鮮やかに彩ります。

2015年のテーマは「ルネッサンス」でした。

約15000個ものグラスで作られた高さ6mのシャンパングラスタワーは、光と水で幻想的な美しい輝きを放っていました。

公園のシンボル的な存在である大噴水と、4つの樹氷型噴水もライトアップされ、昼間とは全く違ったロマンティックな表情を見せていました。

約200mのカナール沿いに植えられた銀杏並木もあたたかな光でライトアップされ、まるで光のトンネルのようです。

昭和記念公園WinterVistaIllumination

また、小さなお子様でも楽しめるファンタジアトレインは、実際に乗ることもできる光理輝く電車です。

イルミネーションの光りを受けて7色に変化するシャボン玉は、思わずうっとり見入ってしまいそう。

ほかにもコンサートやマラソンなど、ほかのイルミネーションポイントではなかなか体験できないイベントも盛りだくさんです。

昭和記念公園 Winter Vista Illuminationの混雑状況は?

昭和記念公園WinterVistaIllumination

関東でも指折りのイルミネーションスポットである昭和記念公園 Winter Vista Illumination、さぞかし大混雑しているのでは、と思いがちですが、昭和記念公園はかなり広大な敷地があるため、身動きできないほどの混雑を心配する必要はないでしょう。

平日や、家族連れが帰宅する比較的遅い時間を狙えばゆっくりとイルミネーションを楽しむこともできます。

立川口には1,755台を収容できる大型の駐車場もあり、西立川口、砂川口にもそれぞれ345台、431台を収容できる駐車場があります。

スポンサーリンク