いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

京都で人気の永観堂の紅葉は和歌に詠まれてる2016年見ごろ時期は?

      2016/07/25

永観堂の紅葉

京都府京都市にあるのが、永観堂です。

京都の紅葉の名所としても知られているんですよ。

永観堂ではどういった紅葉が見られるのかなどを探っていきますので、紅葉を観に行かれる際のご参考になさってみてください。

スポンサーリンク

 

『モミジの永観堂』と言われるほどに紅葉が綺麗!

永観堂の紅葉は、『モミジの永観堂』と古今集に詠まれるほどに紅葉が綺麗なスポットなのです。

そして、『岩垣もみじ』も名が知れ渡っているんですよ。

岩が垣のように取り囲んでいるんです。

その岩にもみじの赤がとても良く映えるので、『岩垣もみじ』と呼ばれるんですね。

紅葉の期間には特別拝観が行われるので、同時にライトアップもされるんです。

11月上旬から12月上旬までライトアップが楽しめますよ。

時間は午後5時半から午後8時半までですので、幻想的な紅葉を見学しにおでかけになってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、2015年の特別拝観は11月6日から12月3日までの期間で行われましたよ。

永観堂ではライトアップも楽しむことができる!

永観堂の紅葉のライトアップ

例年は、永観堂の紅葉の色づきは11月の中旬頃から始まるんです。

そして、11月中旬から11月下旬までが見ごろなんですよ。

永観堂は京都の紅葉スポットの中でも人気の場所でもあるので、見ごろを迎えるととても混雑するでしょう。

特別拝観では、特にライトアップ目当てに大勢の方がいらっしゃるんです。

開始される午後5時半からは長い列もできるんですよ。

間際に訪れると長い時間待たなければいけなくなる可能性もありますので、早めにおいでになるのが賢明と言えますね。

ライトアップ期間中は、庭園や阿弥陀堂、画仙堂などが拝観できるんです。

スポンサーリンク

 

永観堂には公共交通機関のご利用が便利!

永観堂においでになるなら、

地下鉄東西線『蹴上駅』から徒歩約15分ほどで到着できるんです。

・JR京都駅から市バス(5系統)に乗る手段もありますよ。25分ほど乗り、『南禅寺・永観堂道』で下車すると徒歩3分なんです。

・京阪電車の『三条』から5系統の市バスに乗るのも1つの方法ですね。そして、京阪電車『神宮丸太町』から204か93系統の市バスに乗り、『東天王町』で下車後8分程歩くという選択肢もあるんです。

永観堂の紅葉

○永観堂の駐車場は紅葉時期に駐車不可!

駐車場については、永観堂に自家用車が無料で20台駐車できる駐車場がありますが、紅葉時期には自家用車の利用ができないんです。

他には、岡崎公園駐車場があります。こちらは永観堂からは少々離れていますが、普通車が506台駐車できるんです。

1時間までは500円、その後30分経過するごとに200円、1泊は700円、最大で1300円という料金になっているんです。

紅葉シーズンには混雑しますので、その点を把握したうえで交通手段を決定されることも大事ではないでしょうか。

永観堂の紅葉は、観た方が心が洗われるほどに美しかったなどとおっしゃるほどの美しさなのです。

紅葉の時期のおでかけにもぴったりの場所ではないでしょうか。

スポンサーリンク