いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

紅葉を楽しむなら奈良の曽爾高原も選択肢の1つ!アクセス方法も確認

      2016/07/15

曽爾高原の紅葉

奈良県に所在するのが曽爾高原なんですよ。

高原ということで、行楽にはうってつけと言えるのではないでしょうか。

さらに、曽爾高原は紅葉を楽しむことのできるスポットでもあるんです。

一体どういったところなのでしょうか。

きちんと把握してからおでかけになるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

曽爾高原は室生赤目青山国定公園の中にある!

曽爾高原は、奈良県曽爾村にあります。

室生赤目青山国定公園の中にある、倶留尊山(くろそやま)と亀山の西麓に広がっている標高約750mの高原なんですよ。

曽爾高原はすすきが多く見られるスポットでもあるんです。

曽爾高原のすすき

同じ曽爾村内のある赤目四十八滝や香落渓の紅葉と合わせて秋に楽しむことのできる場所なんです。

2015年の場合は11月中旬前頃には曽爾高原は綺麗な黄金色(すすきの)が見られたということなので、秋に曽爾高原におでかけになるなら、11月中旬前後が適していると言えますよ。

11月の末ごろには風によってすすきの穂が散ってしまう可能性があるんですね。

それでも、12月の始めころまではすすきを楽しむことができるんです。

11末ごろまでが見ごろとなっていて、雪が降りだす季節の前までとなっていますよ。

スポンサーリンク

 

曽爾高原のある曽爾村までは交通機関でどうやって行けばいいの?

曽爾高原

曽爾高原のある曽爾村は、三重県にも近い立地が特徴です。

曽爾村までは、

・近鉄難波駅からだろ近鉄特急に乗り、58分ほどで名張駅に到着します。そして、それからバスに乗り換え45分ほどで曽爾村に到着することができるでしょう。

・京都からは、近鉄特急(大和八木で乗り換えます)で名張駅まで1時間13分ほどですよ。名張駅からはバスに乗ります。

・東京からおいでになるなら、新幹線・ひかりに乗り名古屋まで移動するんです。そして、名張まで電車に乗り、名張からは他からおいでになるのと同様にバスに乗るんですよ。

車でならどんな方法で訪れることができるの?

車でおいでになるなら、

・大阪からだと大阪梅田インターチェンジから阪神高速に乗り、松原ジャンクションから西名阪・名阪国道を通り、針インターチェンジで降ります。その後は国道369号線と通って青看板の指示通りに行くと、小さな橋を超えると、曽爾高原に上がることができますよ。

・京都からなら、国道24号線を通り郡山インターチェンジから西名阪国道に乗り、天理インターチェンジからは名阪国道を通りましょう。そして、針インターチェンジで降ります。後は、大阪からおいでになるのと同様に、国道369号線を通るんですね。

車で訪れるならどこに駐車をすると便利なの?

曽爾高原に上っていくと、お亀の湯というのがあります。

そのお亀の湯の横に道の駅があり大きな駐車場があるんですよ。

そこに駐車をしそうになるんですけれど、その場所から曽爾高原を歩いて上るには大変な面があります。

30分ほどは上ることになります。そういったことから、お亀の湯を通過して5分ほどいった場所にある、駐車場をご利用になるのが適しているんです。

1回600円ですよ。

スポンサーリンク