いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

テーマに沿った電飾が魅力!2016年なばなの里のイルミネーション

      2016/07/07

なばなの里のイルミネーション

なばなの里は三重県桑名市長島町駒江漆畑に位置する花のテーマパークです。

東海地区最大級のお花畑で、季節ごとにチューリップやコスモス・ダリアなど色とりどりの花が咲いているのが見ることが出来ます。

どの季節に行っても楽しめるのですが、やはり今一番の注目は冬季恒例のイルミネーションイベント「冬華の競演」です。

イルミネーションを“冬の華”と見なしたこのイベントは全国的にも知名度が高く、毎年多くの人が訪れます。

スポンサーリンク

 

開催期間

冬季限定イベントとして始まった「冬華の競演」ですが、その人気のあまり、現在ではかなり開催期間が延びました。

2016年度の開催予定期間は、2016年10月15日~2017年5月7日の予定です。

営業時間

なばなの里のイルミネーション

営業時間は基本的には9時~21時となっていますが、イベント時には閉演時間が22時に変更になることがあります。

特にイルミネーションが開催期間中だと、平日は9時~21時、土日祝と繁忙期は9時~22時までと営業時間が変則的になります。

また、点灯時間も日の長さによっても変わってくるようです。

例えば開幕日の10月15日は17時40分からの予定ですが、だんだんと時間は早くなっていき、12月頃には点灯時間が17時となります。

そして年明けからは日が長くなるにつれて点灯時間も遅くなっていきますが、これらもあくまで予定のため、行く前に一度公式サイトで確認することをおすすめします。

スポンサーリンク

 

見どころはテーマ性を持ったイルミネーション!

なばなの里のイルミネーションはやはり圧倒的な迫力があります。

全てが電飾から成っていて、毎回テーマに沿った装飾がなされており、シーンごとに毎年いろいろなモチーフの演出がされてきました。

テーマエリアの内容は毎年開幕直前に発表されるので、秋までは今年はどんなテーマになるのかは分かりません。

しかし、国内最大級・世界最高峰と言われている「冬華の競演」は今年もきっと素晴らしいテーマの演出をしてくれることは間違いありません!

 

入場料

なばなの里のイルミネーション

イベントや時期によって変動しますが、基本入村料は1600円です。

たまに、サービス期間として1000円になったりするみたいですが、イルミネーションの時期だけは2300円と値段が上がります。

ただしチケットには必ず里内で使える1000円の金券がついてくるのでかなりお得だと思います。

アクセス方法

なばなの里のイルミネーション
3000台と言う大規模な無料駐車場があるので、車で行っても公共交通機関で行っても大丈夫です。

・車で行く場合は、東京や名古屋など関東からの場合は湾岸長島IC、大阪などの関西方面からの場合は長島ICや大垣ICで高速を下りる、などのパターンがあります。

・電車で行く場合は名古屋駅・桑名駅から直通バスが出ています。

ただし、イルミネーション期間中は近鉄長島駅からも臨時バスが出ます。

そして普段は近鉄長島駅に急行は停車しないのですが、期間中のみ臨時停車しています。

混雑状況

臨時停車やバスが出るほどですし、今や外国人にも注目されているイベントなので混雑を避けることは難しいです。

しかし、その人混みが気にならなくなるほどの素晴らしい光景をみることが出来ますよ!

スポンサーリンク