いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

2016年養老渓谷の見ごろは?紅葉とハイキングコースも確認

      2016/06/30

養老渓谷の紅葉

養老渓谷のみどころとハイキングコース

千葉県にある養老川上流の谷の養老渓谷は、ハイキングのメッカです。

小湊鉄道養老渓谷といすみ鉄道上総中野駅を起点とし、1時間~4時間コースがあり、紅葉狩りに最適なんです。

梅ケ瀬や栗又の滝、筒森もみじ谷に中瀬遊歩道といった紅葉スポットがたくさんあるので、満喫できます。

真っ赤に彩るもみじやウルシ等の紅葉を、河川沿いの散歩道から眺めることができます。

養老渓谷の紅葉

樹木の種類は、モミジやカエデの他にウルシやハゼ、ナラにクヌギなどがあります。

それぞれ植物の色づく時期がずれるので、長い期間紅葉を楽しむことができます。

また夜にはライトアップされるので、昼間とはまったく違った景色がみられます。

紅葉の時期に合わせるので毎年期間は変わりますが、だいたい11月下旬から12月上旬頃になると思います。

スポンサーリンク

 

紅葉の時期は?

葉が色づくのは11月中旬ごろで、最盛期は11月下旬~12月上旬です。

植物の種類が多く、色もさまざまなのでグラデーション紅葉が観られます。

アクセスと駐車場は?

養老渓谷
・電車の場合は、中瀬遊歩道方面だと、小湊鉄道養老渓谷駅から徒歩約30分かかります。栗又の滝方面だと、小湊鉄道養老渓谷駅からバスで約20分、徒歩だと約2時間30分です。また上総中野駅からだとバス約20分です。

・車の場合、圏央道市原鶴舞ICから国道297号、465号、剣道168号、81号線経由で約40分です。有料駐車場がいくつもあり、500円前後します。またこの時期は、大渋滞がおこります。早めの移動、行動で混雑を避けることができるかもしれません。

養老渓谷は、関東で1番長く、遅くまで紅葉や観光が楽しめると言われています。

大渋滞に巻き込まれても行く価値は十分にあると思います。

スポンサーリンク

 

その他関連情報

養老渓谷
・毎年、11月23日の勤労感謝の日には、養老渓谷もみじまつりが開催されています。時間は10時~15時まで、養老渓谷の3箇所でイベントが行われます。食べ物の販売などがあるので、紅葉を観ながらホッとするひと時を過ごせます。

・ハイキングのあとには、「足湯やすらぎ」の黒湯の足湯で足の疲れをとってあげましょう。「滝見苑けんこう村ごりやくの湯」は、疲れた身体を露天風呂で癒したあとで、おいしい食事を頂きましょう。定休日もなく年中無休なところも嬉しいですね。

養老渓谷の周辺には、亀山湖があり、こちらも紅葉がキレイな観光スポットです。11月下旬から12月上旬が見頃です。

・千葉県最大のダム湖で、クルージングが楽しめ、船の上からなので、いつもと違った角度からの紅葉を眺められます。ここは、キャンプ場やハイキングなどのレジャーも楽しめます。近くに温泉もあるので、ハイキングのあとに疲れを癒すにはもってこいですね。

・養老渓谷から14kmほど行くと潮騒市場というところがあります。海産物を中心としたおみやげや食事が味わえます。中でも、いわしバーグやアサリの佃煮はとても人気なんですよ。

スポンサーリンク