いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

自然豊かな十和田湖と奥入瀬渓流で楽しむ2016年紅葉の秋

      2016/06/29

奥入瀬渓流の紅葉
青森県、十和田市にある奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)をご存じですか?

青森県と秋田県の県境にある十和田湖から流れ出る奥入瀬川が織りなす渓流で、新緑や紅葉の景勝地や避暑地としても人気が高いスポットです。

苔むした岩や多種多様な木々に囲まれた独特な風情を持つ渓流です。

四季折々でそれぞれに楽しめるスポットではありますが、奥入瀬渓流のベストシーズンはやはり秋の紅葉です。

もちろん十和田湖でも見事な紅葉を楽しむことが出来ます。

奥入瀬渓流は下流・上流どちらから歩き始めても良いですが、十和田湖から歩くことが出来る上流から歩き始めるコースがおすすめです。

スポンサーリンク

 

見ごろ

例年では10月上旬から徐々に色づきはじめ、10月下旬がピークだとされています。

 

十和田湖から奥入瀬渓流までのアクセス

十和田湖
東北新幹線の「八戸駅」もしくは「青森駅」から出る「十和田湖行き」のJRバスで行くことが出来ます。

予約無しでもOKですが、紅葉の時期は人が多くかなり混雑するため事前購入をしておくことをおすすめします。

乗車券はJRのみどりの窓口で購入することが出来ます。

「子の口バス停」か「十和田湖バス停」、どちらで下車してもOKですが、十和田湖の景色を楽しみたいのであれば「十和田湖バス停」で降りましょう。

その近辺には「休屋」という遊覧船が出ているところがあり、遊覧船に乗って十和田湖の景色を観賞しながら、「子の口」まで戻ることが出来るからです。

スポンサーリンク

 

見どころ

十和田湖は日本で3番目に深い湖であるため水の色が瑠璃色で美しく、紅葉の時期になると金色に染まる十和田湖を囲む山々とのコントラストは絶景です。

また、奥入瀬渓流の遊歩道を30分ほど歩いていくとまずは一つ目の滝、「銚子大滝」が見えてきます。滝は全部で14ヶ所あり、滝の豪快さと色とりどりの紅葉の組み合わせは大自然の迫力と力強さを感じられる素晴らしい景観です。

その他にも「阿修羅の流れ」や「九十九(つくも)島」「飛金(とびかね)の流れ」「三乱(さみだれ)の流れ」と、数多くの名所があり、飽きることなく楽しむことが出来ます。

十和田湖

 

ライトアップはされている?

渓流自体は大自然の中にあるものなのでもちろんライトアップはありません。

しかし近くにある「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」へ向かう道だと紅葉がライトアップされているところが一部だけありますが、一般的なライトアップとはまた違うものです。

 

駐車場とシーズン時の混雑状況

奥入瀬渓流

駐車場は「焼山(奥入瀬渓流館)」「子の口(十和田湖遊覧船発着場)」「銚子大滝」「石ヶ戸」にあります。一番使い勝手がいいのが石ヶ戸駐車場ですが、立地が良いためすぐに満車になってしまいます。

そして自家用車で行くことはあまりおすすめ出来ません。

紅葉期間中は混雑防止の為にマイカー規制があり、その日は一般車の乗り入れが禁止になってしまいます。

またマイカー規制がない日でも大渋滞はしょっちゅう起こり、駐車どころではなくなってしまうので、やはり車での移動は出来れば避けた方がいいでしょう。

スポンサーリンク