いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

2016年善峯寺の紅葉!雄大な山に囲まれたコントラストが美しい

      2016/06/24

紅葉

イメージ

西山善峰寺は平安中期頃に源算上人によって開かれたお寺です。

善峰寺の四季は非常に豊で、春は桜・夏はアジサイやサツキ・冬は椿や南天と、年中四季折々の花に彩られています。

秋の季節は山寺ならではのダイナミックな紅葉が圧巻だと言われており、3万坪もある広大な境内全体が紅葉している様子を見ることが出来ます。

しかも境内だけではなく、向かいの山全体も赤や黄に染まり、さらに樹齢600年を誇る游龍の松の緑とのコントラストを楽しむことが出来ます。

鉄道会社のCMで放映されたこともあり、知名度も高い紅葉スポットです。

スポンサーリンク

 

見ごろ予想

色づき始めるのは11月の上旬頃からで、例年の見ごろは11月中旬から12月上旬と言われています。

 

見どころ

境内参道や阿弥陀堂前参道などの道を歩くだけでも楽しむことは出来ますし、奥の院から境内を見下ろしてみたり、多宝塔や釈迦堂前、稲荷社近辺にあるもみじも大きくて立派なもので、迫力満点です。

また、善峯寺境内には「游龍の松」と呼ばれる五葉松があり、幹が左右に長く伸び、龍のようにみえることからそのような名前がついたんだそうです。

高さは2~3mですが左右に伸びた幹は37mにもなっていて、国の天然記念物に指定されています。

この松の鮮やかな緑と紅葉の鮮やかな赤が絶妙な色のコントラストを生み出していて、善峯寺ならでは後継を見ることが出来ます。

スポンサーリンク

 

ライトアップ

残念ながらライトアップは基本的にしていません。

今後もその予定はないとのことです。

 

アクセス方法

善峯寺は京都市西京区大原野小塩に位置します。

  • 電車の場合はJR日向町駅もしくは阪急東日向駅で下車し、阪急バス66番に乗り換えます。30分間バスに揺られたら終点の善峯寺で下車し、徒歩8分です。
  • タクシーの場合はJR日向駅、阪急東日向駅、阪急長岡天神駅から約20分ほどです。
  • 駅から善峯寺までバスや車を利用せず、徒歩で向かうとなれば約2時間弱かかるそうなので、心して歩きましょう。
  • 車で行く場合は、沓掛ICや大原野ICからが一番近いようです。ICを降りて約15~20分ほどで善峯寺へ到着することが出来ます。

 

駐車場

善峯寺には参拝者専用の駐車場が2種類あり、山門前駐車場とバス駐車場があります。

バス駐車場はその名の通りバスのみの利用で、約10台駐車することが可能です。

山門前駐車場は普通車であれば最大150台まで停められます。

中型バスや小型バス、マイクロバスも2~4台は停めることが出来ます。

ただし、バスの場合はいずれの駐車場も2時間までという時間制限があるので注意しましょう。

11月下旬の紅葉シーズンあたりの混雑状況ですが、ここ数年満車や渋滞はなく、特に人が多い土日祝でも5分前後の入庫待ちがあるくらいです。

参拝目的以外の車が駐車禁止になったことにより渋滞が解消されました。車でも行きやすいのが安心ですね。

 

入山料は大人500円、高校生300円、小中学生200円となっています。

坂道や石段が多く平地が少ない山寺で、多少の体力を必要とするスポットですが、それ以上に見る価値のある場所です。

スポンサーリンク