いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

圧巻!阿蘇神社の火振り神事は神様の結婚を祝う神事!

   

阿蘇神社

熊本県では、火を振るという神事が早春の3月に行われています。

夜の闇の中に火の輪が浮かぶという、勇壮な印象も受けるような雰囲気の神事となっています。

ぜひ、お出かけのご参考になさってください。

火振神事とはどんな祭り?由来などについて

火振神事は、熊本県阿蘇市の阿蘇神社において開催されます。

カヤでできた松明に火を付け、それを神社の氏子が振り回すというもので、炎の輪ができる様は美しいものです。

阿蘇神社に、古くより神様の結婚式を祝う儀式として伝えられてきた神事となります。

2016年の開催は3月15日となっています。

時間は午後6時から午後8時までです。

一般の方も参加可能となっています。

ちなみに、会場の阿蘇神社は日本の中でも珍しい横参道となっていて、阿蘇を開拓した神健磐龍命(たけいわたつのみこと)など12神を祀っています。

スポンサーリンク

 

見どころは何と言っても!凄まじさもある火!

火振神事の見どころと言えば、何と言っても氏子の方達が振る火によって描かれる円です。

危険な事はないのだろうかと思ってしまいますが、まさに圧巻と言えるでしょう。

先にお伝えしたように、一般の方も飛び入りで火を振ることができますので、ご興味がおありの方は、トライしてみるのも一案ではないでしょうか。

ただ、安全には十分注意が必要かもしれません。

火の輪

どうやって行けばいいの?交通アクセスも大事!

車でおいでの方は、福岡や鹿児島方面からであれば、九州自動車道熊本ICを降りたら国道57号線を通って阿蘇市方面に向かいましょう。

大分方面から来られる場合には、熊本・大分県道11号線別府一の宮線を阿蘇市方面に向かいましょう。

JRであれば、豊肥本線・宮地駅を降りたら徒歩で15分ほどです。

飛行機なら、熊本空港より空港ライナーに乗ってJR肥後大津駅で阿蘇方面に向かうJRかバスに乗り換える方法があります。

スポンサーリンク

 

渋滞はあるの?そして駐車場についても知っておこう!

これまでの火振神事に訪れた場合には、国道57号線を通って来られた方は渋滞らしいものがなかったということです。

ただ午後6時を過ぎた頃に車で着くと、もう神社の駐車場は満車状態(20台分の駐車場があります)だったとおっしゃっています。

そこで、300メートル行ったところにある学校に停めたのだということです。

2015年の場合には、阿蘇市役所の裏に臨時駐車場も無料で設けられたということで、神事の会場となる阿蘇神社までは、徒歩10分ほどとなっています。

渋滞については、なかったというお話もありましたが、他には渋滞にぶつかったという声もあるので、余裕を持っておでかけになるのが一番でしょう。

2016年の火振神事においでの際の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク