いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

文化の日の意外な由来と文化勲章授与式

      2016/08/30

文化の日

11月3日は文化の日です。

紅葉の季節、この時期は毎年旅行に出かけています。

ですから文化の日もハッピーマンデーで動いてくれれば長期休暇で旅行に行けるのになぁと思ってしまうのですが、同じように思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

実は文化の日は他の休日と比べると少し特殊な休日だということをご存じですか?

私も知らなかったのですが、詳しい内容をご紹介しますね。

スポンサーリンク

 

11月3日が祝日になった由来

文化の日は1948年に「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」として制定されました。

実は11月3日は明治天皇のお誕生日だったのです。

明治44年までは祝日法により11月3日は天長節とされていました。

明治天皇が崩御された後、11月3日を天皇誕生日として残したいという多くの国民の嘆願を受けて、昭和2年にこの日を明治節として引き続き祝日とされました。

11月カレンダー

この結果、四大節とは四方節、紀元節、天長節、明治節となりました。

天長節も明治節も天皇誕生日にあたりますから、どれだけ日本の国民にとって天皇陛下のお誕生日がおめでたいことであるかわかりますよね。

戦後GQHにより、祝日の名前と意味を変えるように要請があり、「平和への意思を基盤として文化を発展させる日」として文化の日という名前に変更になったという由来があるのです。

個人的には明治節でも良いのではと思いますが、文化の発展が日本の平和の維持に寄与していると思いますので、文化の日という名前でもとても素敵だなと思います。

スポンサーリンク

 

毎年恒例の文化勲章授与式とは

11月3日は日本で文化の発展に寄与した人々に対して皇居で文化勲章が授与されます。

文化は永遠であるべきという考えから常緑樹の葉として橘の葉を模した勲章が授与され、終身年金として350万円が授与されるそうです。

この模様はテレビで毎年放送されるので、みなさんご存じですよね。

最近だと先日亡くなられた水木しげるさんが勲章を授与されて奥様とご一緒に喜んでいらっしゃったお姿を思い出してしまいました。

今まで頑張ってこられた結果として勲章を授与してもらえるなんて素敵ですよね。

私も芸術系のお仕事をしているので、いつの日か近い将来天皇陛下に拝謁して勲章を授与してもらえるようになりたいです。

でもそんな日が来たら確実に卒倒しそうですけど。

 

最後に

琴

11月3日を含む1週間くらいは文化庁で特別の催し物が開催されます。

例えば博物館や美術館の無料公開があったり、特別展示があったりします。

また伝統芸能・工芸の鑑賞会や体験講座や、子供を対象にした自然体験教室などもあります。

私は美術館めぐりが好きなのでこの日が来るのが待ち遠しいです。

普段芸術活動に無縁という方もこの時ばかりは芸術の秋ということで何かに参加してみてはいかがでしょうか。

ちなみに11月3日は「まんがの日」や「文具の日」でもあるので、話題のまんがを読んだり、面白い文房具を探しに行ったりするのも良い休日の過ごし方かもしれません。

スポンサーリンク